10代のトランスジェンダー、“女性になった”当日に3人の男から性的暴行...犯人へ怒りの声相次ぐ

10代のトランスジェンダー、“女性になった”当日に3人の男から性的暴行...犯人へ怒りの声相次ぐ

  • リアルライブ
  • 更新日:2019/07/19
No image

画像はイメージです

ベルギーで女性になったトランスジェンダーが昨年、3人の男に性的暴行を受けた事件の裁判が行われたと、海外ニュースサイト「METRO」が7月4日に伝えた。

同記事によると、昨年の6月22日、ベルギー在住の10代のトランスジェンダー(性同一性障害者のうち、解剖学上の性とは逆の性で社会生活を送ってはいるものの、外科的手術までは望まない人のこと)が「女性になった」最初の夜、アントワープにあるゲイクラブに出掛けた際に、34歳の男に嫌がらせを受けたという。

彼女が気分を変えようと店外に出た際、嫌がらせをしてきた男に、24歳と25歳の男を加えた計3人が彼女についてきて、彼女を無理やりタクシーに押し込んだという。タクシーの中で24歳の男は彼女の身体を触り始めた。彼女はなんとか逃げ出そうと抵抗したものの、結局、男たちのアパートに連れ込まれ輪姦されてしまったそうだ。その後、彼女は3人のうち1人の男のペニスを噛み、その場から逃げ出すことに成功したという。

容疑者の3人は当初、ゲイクラブには行っておらず、彼女とは接触していないと警察に供述していたが、DNA鑑定を受けた末犯行を認めたという。しかしその後、34歳の男は「性行為はあったが、合意の上だった」と容疑を否認。他の2人の容疑者も同様に性的暴行を否定しているという。

被害者の弁護士は「彼女が本来の自分として初めて外出した夜に起こった事件は、彼女の心を深く傷つけた」として、3人に対して7,052ポンド(約96万円)の損害賠償を求めた。

このニュースが世界中に広まると、ネットでは「彼女の心のケアが最重要」「ただただ可哀想」「彼女の気持ちを考えると胸が締め付けられる」など被害者に同情する声や「人間じゃないケダモノたちの卑劣な犯罪」「3人は罪を認めて早く償うべき」「彼らの男根を引き抜く必要がある」など、男たちに対する怒りの声も多く寄せられた。

トランスジェンダーが性被害に遭ったケースは他にもある。

パキスタンでトランスジェンダーらのグループを武装集団が襲撃し、2人を殺害し1人を集団で性的暴行したと2015年4月7日、ニュースサイト「AFPBB NEWS」が報じた。

同記事によると、トランスジェンダーのグループは、結婚式での音楽や踊りのパフォーマンスを終えて帰宅する途中だったという。武装した男たちは、被害者らを待ち伏せし全員を拉致しようとしたが、抵抗されたために発砲。ドラム奏者とトランスジェンダーの2人を射殺、別のトランスジェンダー1人を連れ去り集団性的暴行した後に解放した。警察のその後の捜査で、殺人と集団性的暴行の容疑で男6人が逮捕された。パキスタンではトランスジェンダーが性的対象とみなされることが多く、性暴力の被害者となってしまうケースが多いそうだ。

トランスジェンダーに限らず、性暴力は卑劣極まりない犯罪だ。決して許されるものではない。

記事内の引用について
Transgender teenager ‘gang-raped by three men’ on first night out as a female
https://metro.co.uk/2019/07/04/transgender-teenager-gang-raped-three-men-first-night-female-10112112/

武装男らがトランスジェンダーを集団性的暴行
https://www.afpbb.com/articles/-/3044718?act=all

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
約100年前の隕石衝突「ツングースカ大爆発」が再発する確率
“眼球タトゥー”で白目が細菌感染...失明寸前になった24歳女性、痛みのあまりうつ病に苦しむ
オーストリア:イスラム過激派テロが最大の脅威
リサイクルに強いアルミボトル、世界を「危機」から救えるか?
仏「大西洋岸の宝石」が舞台=地元に不満も-G7サミットまで1週間
  • このエントリーをはてなブックマークに追加