オシャレをすればモテる人と、オシャレしてもモテない人の違い3つ

オシャレをすればモテる人と、オシャレしてもモテない人の違い3つ

  • マイナビ学生の窓口
  • 更新日:2016/10/19
No image

オシャレはすればいいというものではありません。同じオシャレをしても明らかにモテの結果に明暗がわかれることがしばしばです。そこで、今回はオシャレをしても、モテる人とモテない人がはっきりとわかれてしまう理由を解説していきます。

1、オシャレがその人の雰囲気に馴染んでいるかどうか

慶應女子がファッションチェック!!「ぼくらの服装、どうですか?」

オシャレをしてモテる人は、オシャレが馴染んでいます。オシャレがその人の持つ雰囲気や性格に馴染んでいて、その人そのものがトータルしてオシャレに見えるのです。

オシャレをしてもモテない人は、世間で「オシャレ」と言われている服やヘアスタイルに懐疑的な部分があり、信頼を寄せていないため、どこか無理に個性を出そうとしておかしな方向へ走ってしまいます。そうすると中途半端な格好になり、結果的にオシャレがあなたのモテない弱点をさらに引き立ててしまうことになります。「服に着られている」という言葉は、まさにオシャレがその人に馴染まずに、分離している状態と言えるでしょう。

2、仕草や立ち居振る舞いにまで気を遣っているかどうか

オシャレで外見だけ整えた人は、外見だけ見ていたらすてきに映るのですが、そのぶん、仕草が残念だったり立ち居振る舞いがなっていないとそのアンバランスさが際立ちます。オシャレをしたら、それと同時に態度と仕草にも気を遣うこと。涼しい顔をして、スマートな立ち振る舞いを心掛けることです。オシャレは心と連結しているもの。オシャレな振る舞いを心がけることで、自然と服装自体も馴染んできます。

3、以前とのギャップを上手く埋め合わせているかどうか

オシャレをして以前と変わったとしても、それまでの自分というのは周囲の記憶のなかに過去として残るわけです。変化の度合いが大きければ大きいほど、相手はその変化に戸惑います。あなたのオシャレが素敵だったとしても、その変化を受け入れることに戸惑うことになるのです。

自分に対するギャップ、周囲に対するギャップを埋めるには、オシャレ以外にも、自分がポジティブに変わるポイントを作ることです。新しい資格を取るだとか、サークルや部活で結果を出すといった具合です。内面の変化と外見の変化が同時にあると、周囲も新しいあなたを受け入れやすくなります。

最後に

以上、オシャレをしてもモテる人とモテない人がはっきりとわかれてしまう3つの理由についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか? オシャレをしても、まったく何も動きがない…....そう思っている方は、まだまだこれからです。オシャレが馴染むようになるまであと一工夫。ぜひ、今回の記事を参考にしてみて下さい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【嘘だろ】この美女に「衝撃的な真実」が隠されていると話題に!信じられない
オシャレな県民ランキング発表! 2位「広島県」1位は?
貴方の職場にも必ずいる!『二流すぎるアホ上司』の3大特徴はこれだ!
「頭が混乱する...!?」反射によって生み出された奇跡の写真いろいろ
道具は必要ナシ!気持ちいい「ひとりエッチ」ができる4アレンジ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加