マキシマムドパリは道中の不利が響いて3着/愛知杯

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/13

<愛知杯>◇13日=中京◇G3◇芝2000メートル◇4歳上牝◇出走18頭

昨年覇者で1番人気のマキシマムドパリ(牝6、松元)は3着だった。

1コーナーで両サイドからかぶせられ、位置取りが悪くなったことが響いた。「大きな不利があったけど、もう少しうまく誘導できていれば」と藤岡佑騎手も残念がった。

順調なら次戦、3月10日の中山牝馬S(G3、芝1800メートル)が引退レースになる予定だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
消えてしまったけど好きだった飲料ランキング
カンニング竹山、不倫相手がいることを堂々告白 不倫を咎める人に「気持ち悪い」
「そりゃないよ、お母さん~(涙)」忘れられない“笑撃弁当”
『99.9』、木村文乃に「イラつく」「邪魔」と批判殺到...演技がコントみたいで興醒め
【爆笑】クリスマスツリーを取りに行った夫の帰りが遅いので窓の外を見たら、戦っていた笑
  • このエントリーをはてなブックマークに追加