【2017】箱根の人気紅葉名所20選!見頃やおすすめ宿情報も!

【2017】箱根の人気紅葉名所20選!見頃やおすすめ宿情報も!

  • エンタメウィーク
  • 更新日:2017/09/17
No image

この秋おすすめしたい、箱根エリアの人気紅葉名所を見頃とともにご紹介します。

人気の観光スポットがある箱根では、ロープウェイや登山列車から見る紅葉や、ミュージアムのアートと共にみる紅葉など、さまざま角度から紅葉を楽しむことができるのがポイントです!

記事配信:じゃらんニュース

1.箱根美術館

苔庭の緑と紅葉の赤が生む、美しいコントラスト

No image

例年の見頃

11月上旬~11月中旬

箱根美術館内にある庭園「神仙郷」は、歴史的文化遺産として価値が高いものとして国の文化財(名勝地)として指定されています。敷地内には約130種類の苔と200本のモミジで彩られた「苔庭」をはじめ、「萩の道」、「竹庭」などがあり、庭園内のモミジが一斉に色づく11月には、多くの人で賑わいます。

苔庭に面した茶室「真和亭」では、紅葉とともに抹茶と季節の和菓子が楽しめますよ。

No image

苔むす小道を散策しながら、紅葉を楽しんで

箱根美術館
住所/神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
営業時間/4月~11月は9:30~16:30、12月~3月は9:30~16:00※最終入館は閉館30分前、茶室「真和亭」10:00~15:30
休館日/木(祝日の場合は開館)※11月は休まず開館
料金/大人900円、高校・大学生400円、中学生以下無料
アクセス/箱根登山ケーブルカー公園上駅より徒歩1分

2.箱根強羅公園

紅葉と噴水の水音に癒される、強羅屈指の紅葉スポット

No image

例年の見頃

11月上旬

箱根登山電車の終着駅「強羅」に、大正3年に開園された箱根強羅公園。噴水池を中心に左右対称に造成されたフランス式整型庭園で、広い空と山々に囲まれた開放的な園内は、秋のお散歩にぴったりの場所です。

園内にある茶室「白雲洞茶苑」からも紅葉を見ることができ、また違った趣きの景色を楽しめます。抹茶を頂きながら、ゆったりとした時間を過ごしてみては?

No image

出典:じゃらん観光ガイド 箱根強羅公園

箱根強羅公園
住所/神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
営業時間/9:00~17:00(年中無休)※入園は16:30まで
料金/大人550円 ※小学生以下は無料
アクセス/強羅駅から徒歩約5分

3.箱根小涌園 蓬莱園

小涌谷の紅葉ならココ。広大な庭園で秋のお散歩

No image

例年の見頃

11月上旬~11月中旬

箱根ホテル小涌園に隣接している「蓬莱園」。ホテルの美しい日本庭園を進んでいくと蓬莱橋があり、橋をわたると約1万6千平米の広大な敷地を有する蓬莱園が出迎えてくれます。

秋になると庭園内のモミジや周囲の山々が色づき、絶景の紅葉スポットに。広い園内を散策してもよし、レジャーシートを広げてのんびり紅葉鑑賞するのもオススメです。

No image

赤や黄色に染まったモミジが美しいグラデーションに

箱根小涌園 蓬莱園
住所/神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
営業時間/散策自由(箱根ホテル小涌園の庭園は8:00~19:00)
料金/無料
アクセス/箱根登山鉄道箱根湯本駅より箱根登山バス箱根町行き23分。蓬莱園より徒歩すぐ

4.富士屋ホテル

クラシカルホテルで楽しむ箱根の秋

No image

出典:じゃらん観光ガイド 富士屋ホテル

例年の見頃

11月中旬~11月下旬

明治にいちはやく外国人向けのホテルとして誕生した富士屋ホテル。紅葉シーズンには周囲の山々が色づき、ホテルのシンボル的な存在「花御殿」など、歴史的建造物に鮮やかな紅葉が美しく映えます。

5000坪の広い庭園もあり、敷地内には鯉が泳ぐ池や水車小屋、滝など見どころもたくさん。風情ある景色の中を散策しながら、箱根の秋をゆっくり楽しめます。

No image

出典:じゃらん観光ガイド 富士屋ホテル

富士屋ホテル
住所/神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359
営業時間/散策自由
料金/散策自由
アクセス/箱根登山鉄道宮ノ下駅より仙石方面へ徒歩5分

5.岡田美術館

アートに紅葉、足湯にカフェ…箱根の秋を五感で楽しんで

No image

例年の見頃

11月中旬

日本・中国・韓国を中心とする古代から現代までの美術品が常時約450点展示されている岡田美術館。広大な敷地が広がる庭園もあり、秋になると鮮やかな紅葉と滝や池などの水景が一体となった、美しい光景が広がります。

庭園入口にある飲食施設「開化亭」では、地元のお弁当やおうどんを味わうことも。美術館正面には100%源泉かけ流しの足湯カフェもあり、風神・雷神の大壁画「風・刻(かぜ・とき)」を鑑賞しながら、ゆっくり箱根の秋を堪能できます。

No image

岡田美術館
住所/神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1
営業時間/9:00~17:00※入館は16:30まで(12月31日・1月1日休館、
展示替による臨時休館あり)
料金/一般・大学生2800円、小中高生1800円、庭園入園料300円 ※足湯のみご利用の場合は入湯料500円
アクセス/小涌谷駅から伊豆箱根バス・箱根登山バス。「小涌園」下車徒歩すぐ

6.彫刻の森美術館

紅葉の中に静かに佇む彫刻たちに会いに行こう

No image

例年の見頃

11月中旬

彫刻の森美術館は、箱根の大自然を生かして1969年に開館した野外美術館。箱根の山々が望める7万平方メートルの緑豊かな庭園に、近・現代を代表する彫刻家の名作約120点が常設展示されています。

秋が深まってくると広大な庭園の木々が赤や黄色に色づき、紅葉と野外彫刻のコラボレーションが楽しめる季節に。秋の景色にとけこむ彫刻たちが、この時期だけの表情をみせてくれます。

No image

彫刻の森美術館
住所/神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121
営業時間/9:00~17:00(年中無休)*入館は閉館の30分前まで
料金/一般1600円、大学生・高校生1200円、中学生・小学生800円
アクセス/箱根登山鉄道「彫刻の森」駅下車、徒歩2分

7.箱根ロープウェイ

ロープウェイの空中散歩で、ダイナミックな紅葉を満喫

No image

例年の見頃

11月上旬~11月下旬

早雲山を出発すると、ロープウェイはぐんぐん山の斜面を登ります。大涌谷駅の標高1044mまで登り、その先、桃源台までは芦ノ湖や富士山を眺めながら約20分間の空中散歩へ。

秋の紅葉シーズンになると箱根の山々が色づき、赤や黄色の色鮮やかな景色が広がります。迫ってくるような迫力満点の紅葉は、ロープウェイならではの楽しみ方です。

No image

箱根ロープウェイ
住所/神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
営業時間/3~11月9:00~17:00、12~2月9:00~16:15
料金/大人片道1370円(往復2410円)、子供片道690円(往復1210円)※終点までの場合
アクセス/箱根登山ケーブルカー「強羅」から「早雲山」まで約10分

8.箱根登山鉄道(早川橋梁)

列車から眺める、迫力満点の渓谷と紅葉

No image

例年の見頃

10月下旬~11月上旬

箱根登山鉄道の沿線は、秋になると色鮮やかな紅葉が楽しめます。特に「塔ノ沢駅」と「大平台駅」間にある早川橋梁(出山の鉄橋)は、はずせない撮影スポット。

紅葉の時期には、列車が橋の上で数秒間停車するというサービスもあるそう。車窓から見下ろす壮大な渓谷と紅葉をぜひ写真に収めよう。

No image

箱根登山鉄道(早川橋梁)
住所/神奈川県足柄下郡箱根町
営業時間/各駅で異なる。時刻表にて確認を
料金/箱根湯本駅~強羅駅運賃400円
アクセス/箱根湯本駅へは特急ロマンスカーで新宿から1時間30分ほど

9.玉簾の滝・飛烟の滝(たまだれのたき・ひえんのたき)

滝にかかる紅葉は必見。清涼感たっぷりのパワースポット

No image

例年の見頃

11月下旬~12月上旬

天成園の庭園には、「玉簾の滝(たまだれのたき)」「飛烟の滝(ひえんのたき)」の二つの滝が流れ、秋になると滝周辺のモミジが色づき、滝と紅葉の見事な景色を見せてくれます。

さらに庭園の奥、二つの瀧のあいだを登ったところには「玉簾神社」があり、「水の守り神」そして「縁結びの神様」として崇められています。紅葉を愛でながら、パワースポットでリフレッシュしてみては。

No image

出典:じゃらん観光ガイド 飛烟の滝

玉簾の滝・飛烟の滝
住所/神奈川県足柄下郡箱根町湯本682(天成園内)
営業時間/散策自由
料金/無料
アクセス/箱根湯本駅から徒歩で15分

10.箱根ガラスの森美術館

紅葉&クリスタルにうっとり。きらめく箱根の秋を体験しよう

No image

出典:じゃらん観光ガイド 箱根ガラスの森美術館

例年の見頃

10月下旬から11月中旬

ヴェネチアン・グラスの名品を中心に、約100点を展示している箱根ガラスの森美術館。秋になると美術館の庭園は絶好の紅葉スポットに。

庭園南西側にある早川の近くまで伸びる小路では、紅葉を楽しみながらの散策もできます。クリスタル・ガラスの噴水や光の回廊など、フォトジェニックな紅葉スポットがいっぱいあるので、カメラを持って出かけよう。

No image

出典:じゃらん観光ガイド 箱根ガラスの森美術館

箱根ガラスの森美術館
住所/神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48
営業時間/10:00~17:30 入館は17:00まで(毎年成人の日の翌日から11日間休館)
料金/大人1500円、大高生1100円、小中生600円
アクセス/小田原駅から箱根登山バス(湖尻桃源台行)で40分。俵石・箱根ガラスの森前下車

11.ポーラ美術館

森の遊歩道で紅葉散策。野鳥や小動物と出会えるかも

No image

エントランスから美しい紅葉がお出迎え

例年の見頃

11月上旬~11月下旬

モネ、ルノワールの西洋絵画からガラス工芸、化粧道具など幅広いコレクションが楽しめるポーラ美術館。ここの紅葉スポットはなんといっても「森の遊歩道」。2013年にグランドオープンした遊歩道で、ブナ・ヒメシャラが群生する富士箱根伊豆国立公園内の自然を楽しめます。

美しく色づく秋の森をゆっくり歩けば、野鳥たちのさえずりや時折顔を出す小動物たちにきっと癒されるはず。

No image

ポーラ美術館
住所/神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
営業時間/9:00~17:00※入館は16:30まで(展示替のための臨時休館あり)
料金/大人1800円、大学・高校生1300円、中学・小学生(土曜日無料)700円
アクセス/箱根湯本駅からバス(湖尻・桃源台行き)、ポーラ美術館下車

12.星の王子さまミュージアム 箱根サン=テグジュペリ

フランス風の街並みや庭園が、美しい秋色に

No image

例年の見頃

11月中旬~12月上旬

サン=テグジュペリ生誕100年を祝した世界的記念事業の一環としてオープンした、星の王子さまミュージアム 箱根サン=テグジュペリ。美しく手入れされたヨーロピアン・ガーデンは季節ごとに植物が植え替えられ、秋には秋の草花が楽しめます。

特に「カフェ ル・サンジェルマン・デ・プレ」の周辺は、色づいた木々が建物に映える紅葉撮影スポット。園内を散策しながら、ゆっくり紅葉を楽しむのもオススメです。

No image

星の王子さまミュージアム 箱根サン=テグジュペリ
住所/神奈川県足柄下郡箱根町仙石原909
営業時間/9:00~18:00(最終入園17:00)
料金/大人1600円、シニア(65歳以上)・高校生・大学生・専門学生等1100円、小・中学生700円
アクセス/箱根登山鉄道「箱根湯本駅」より箱根登山バス(桃源台行き)約30分。「川向・星の王子さまミュージアム」バス停
下車。

13.箱根ラリック美術館

オープンエアのカフェから眺める、秋色のガーデン

No image

出典:じゃらん観光ガイド 箱根ラリック美術館

例年の見頃

11月中旬

アール・ヌーヴォーとアール・デコの時代を駆け抜けた、フランスを代表する宝飾とガラスの工芸作家ルネ・ラリックの生涯を綴った箱根ラリック美術館。四季折々に表情を変えるガーデンでは、秋になると真っ赤に色づいた紅葉が楽しめます。

オープンエアのカフェレストランで、食事をしながら紅葉を眺めるのもオススメ。自然とアートが調和した心地よい空間で、ゆったりと芸術の秋を味わってみて。

No image

出典:じゃらん観光ガイド 箱根ラリック美術館

箱根ラリック美術館
住所/神奈川県足柄下郡箱根町仙石原186-1
営業時間/9:00~17:00※入館は16:30まで(年中無休/展示替えの臨時休館あり)
料金/大人1500円、大学生・高校生・シニア(65歳以上)1300円、中学生・小学生800円
アクセス/箱根湯本駅より、箱根登山バス「湖尻・桃源台」行きにて約30分。「仙石案内所前」下車すぐ

14.長安寺

紅葉の中で出会う、表情豊かな五百羅漢像

No image

羅漢像と紅葉を一緒にパチリ

例年の見頃

11月中旬

1356年に創建され長い歴史を刻む長安寺。豊かな自然に囲まれたお寺で、秋には周囲の木々が色づき、趣きある紅葉の名所として人気です。

境内には五百羅漢像があちらこちらに佇み、喜怒哀楽や人間味あふれる表情を見せてくれます。深まる秋を感じながら一体一体石仏をめぐっていけば、日常を忘れさせてくれる時間になるはず。

No image

長安寺
住所/神奈川県足柄下郡箱根町仙石原82
営業時間/散策自由
料金/無料
アクセス/箱根登山鉄道箱根湯本駅より箱根登山バス桃源台行き25分、仙石より徒歩1分

15.箱根湿生花園

木道を歩いて、湿原の中の紅葉を探しにいこう

No image

出典:じゃらん観光ガイド 箱根湿生花園

例年の見頃

11月上旬~11月下旬

箱根湿生花園は、湿原をはじめとして川や湖沼などの水湿地に生育している植物を中心にした植物園。低地から高山まで日本の各地に点在している湿地帯の植物200種のほか、草原や林、高山植物1100種が集められ、その他珍しい外国の山草を含め約1700種の植物が四季折々に花を咲かせます。

園内には、木の遊歩道が整備されていて散策には最適。秋になるとオオモミジやイタヤカエデ、ハナノキなどの木々が色づき、青い空と紅葉のコントラストを眺めながらお散歩できます。

No image

出典:じゃらん観光ガイド 箱根湿生花園

箱根湿生花園
住所/神奈川県足柄下郡箱根町仙石原817
営業時間/9:00~17:00※最終入園は16:30(休園期間:12月1日~3月19日)
料金/大人700円、小学生400円
アクセス/強羅駅から箱根登山バス「箱根湿生花園」行きに乗り約30分、終点下車。

16.箱根 駒ヶ岳ロープウェー

ゴンドラから見る、紅葉の大パノラマに大興奮

No image

例年の見頃

11月上旬~11月下旬

箱根芦ノ湖畔の箱根園から箱根駒ケ岳山頂まで全長1783mを片道7分で結ぶ、駒ヶ岳ロープウェー。空中から箱根の紅葉が、大パノラマで堪能できます。

山頂からの展望は、足元の芦ノ湖を中心に箱庭のような箱根の全景が広がり、北西に雄大な富士山が。山肌を赤や黄色が染め上げる様子は、この季節だけ楽しめる絶景です。

No image

出典:じゃらん観光ガイド 駒ヶ岳ロープウェー

箱根 駒ヶ岳ロープウェー
住所/神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139
営業時間/始発9:00(上り)、最終16:50(下り)
料金/大人往復1300円、子供往復650円
アクセス/小田原駅から伊豆箱根バス箱根園行きで1時間20分。終点下車すぐ

17.小田急 山のホテル庭園

湖畔のリゾートホテルで、贅沢な秋のお散歩

No image

例年の見頃

11月上旬

広大な敷地を誇る“山のホテル”の大庭園。丘陵の特性を巧みに生かして造られた庭園は、四季の花や木々が富士山の勇姿や芦ノ湖の深いブルーに溶け込むように設計されています。

ツツジの名所として有名ですが、秋の紅葉シーズンも楽しめるスポット。黄色や赤色に染まる木々が絶妙なコントラストをつくりだし、赤い絨毯のように遊歩道が落ち葉で染まる……、趣深い庭園の散歩が楽しめます。

No image

小田急 山のホテル庭園
住所/神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80
営業時間/散策自由
料金/散策自由
アクセス/箱根湯本駅から、箱根登山バス(箱根町港行きまたは元箱根港行き)で約35分。「元箱根港」から送迎バス約5分

18.恩賜箱根公園

バルコニーからの眺めが最高!芦ノ湖と富士山を望む絶景紅葉

No image

例年の見頃

11月上旬~11月下旬

旧箱根離宮の跡地に広がる恩賜箱根公園。公園内の庭園は美しく整備されていて、秋の散策にぴったり。
芦ノ湖や富士山が一望できるロケーションが魅力で、その見事さから「かながわ景勝50選」のひとつにも選ばれているそう。

園内に建つ「湖畔展望館」の2階バルコニーからの眺望は特におすすめ。離宮の歴史に思いをはせながら、箱根の紅葉を大パノラマで楽しんで。

No image

恩賜箱根公園
住所/神奈川県足柄下郡箱根町元箱根171
営業時間/展望館9:00~16:30
休館日/年末年始
料金/入館無料
アクセス/箱根湯本駅から箱根町行きバスで約40分。恩賜公園前下車。
駐車場/公園利用や駐車場についての詳細は、恩賜箱根公園ホームページをご確認ください。

19.芦ノ湖

富士山・鳥居・紅葉を一望。湖畔の絶景スポットへ

No image

例年の見頃

11月上旬

芦ノ湖を囲む箱根外輪山が色づき始める秋は、箱根の美しい自然を楽しめる絶好のシーズン。特に南岸の周辺から眺める「逆さ富士」は、箱根の絶景の一つに数えられています。

富士山、箱根神社の赤い鳥居、湖面にうつる色鮮やかな紅葉の組合せは、ぜひカメラで撮影してほしい日本の秋満載のショット。遊覧船から紅葉を楽しむのもオススメです。

No image

気持ちいい風をうけながら、船上から紅葉を楽しむことも

芦ノ湖
住所/神奈川県足柄下郡箱根町
アクセス/小田原駅・箱根湯本駅から箱根登山バス箱根町港行き・伊豆箱根バス箱根関所跡行きで「元箱根港」下車

20.芦ノ湖スカイライン

紅葉のベストビューを爽快にドライブ

No image

例年の見頃

11月上旬~11月下旬

芦ノ湖スカイラインは、芦ノ湖西岸の稜線に沿って箱根峠~湖尻峠までの一般区間と湖尻峠~芦ノ湖北岸湖尻水門までの特別区間の2つからなる総延長10.7km(一般区間 9.0km、特別区間 1.7km)の観光有料道路。

天気の良い日には富士山、芦ノ湖、三島沼津市街、駿河湾、遠くは伊豆半島まで広がる眺めを楽しめ、赤や黄色に色づく紅葉の景色とともに、爽快なドライブが体験できます。

芦ノ湖スカイライン
住所/神奈川県足柄下郡箱根町638(管理事務所)
営業時間/7:00~19:00
料金/一般料金:軽自動車・普通車片道1回620円、特別区間100円
アクセス/一般区間:箱根峠~湖尻峠、特別区間:湖尻峠~湖尻水門

※この記事は2017年9月時点での情報です
※使用している写真は2017年の紅葉ではありません
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
お金持ちと一般人を分ける考え方の違い
トイレで「信じられない用の足し方」 コンビニ店長が語った驚愕の実態
あなたの税金を、来年から「30万円取り戻す」方法
ソシオパス(社会病質者)である可能性を示す7つの兆候
  • このエントリーをはてなブックマークに追加