日本航空石川は猛追及ばず敗退、最後はネット裏にも一礼

日本航空石川は猛追及ばず敗退、最後はネット裏にも一礼

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/13
No image

力投する日本航空石川・重吉=神宮球場(撮影・中田匡峻)

「明治神宮野球大会・高校の部・準々決勝、静岡6-4日本航空石川」(12日、神宮球場)

日本航空石川は終盤の追い上げも及ばず、4強入りはならなかった。

6点を追う六回に1点を返すと、九回には4連打と犠飛で3点を挙げて2点差に迫った。しかし、一発出れば同点の2死一塁で、最後の打者は右飛に打ち取られ、万事休した。

「最後の最後で持ち味は出せたかな。本当によく粘ってくれた」とナインをたたえた中村隆監督。打撃に磨きをかけ、今夏甲子園に続いて全国舞台で1勝を挙げた今大会を「振り負けていない。その面については手応えがあった」と振り返った。

また、試合後には一塁側の応援席だけでなく、バックネット裏に向かってもチームで一礼。初戦の日大三戦では、走者の危険なスライディングで相手捕手が負傷退場する出来事があっただけに、中村監督は「いろいろとお騒がせしてしまったこともあったので。謝罪の意味も込めてのことです」と説明した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロッテ左腕チェン韓国戦で先制点許して降板、6回途中1失点快投も援護なし
「比較不可能」打てる投手の域を超えた“打者”大谷をMLB公式サイトが特集
今年も主力流出...?FA市場を盛り上げる日本ハム組
“おかわり2世”山川穂高が本家を超えるとき...
由伸監督「Gグラブ取れたし」小林ベストナイン課す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加