元小結の幕下常幸龍が炎鵬のデビュー連勝を21で止める 自身の27連勝を堅持

元小結の幕下常幸龍が炎鵬のデビュー連勝を21で止める 自身の27連勝を堅持

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/13
No image

炎鵬が押し倒しで常幸龍に敗れる=福岡国際センター

「大相撲九州場所・2日目」(13日、福岡国際センター)

元小結で東幕下14枚目の常幸龍(29)=木瀬=が序ノ口デビューから21連勝の炎鵬(宮城野)を下し、白星スタート。前に出て捕まえると小手に振って、最後は押し倒した。

序ノ口から連勝ではトップの「27」を持つ記録保持者が自ら阻止。「記録を塗り替えられず、止められて良かった。止めてやろう、という気持ち。記録保持者なので負けられない」と胸を張った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日馬富士暴行で朝青龍派、旭鷲山派の調停失敗? 貴乃花の暴走で大混乱
焦点は「貴乃花親方」に移った 日馬富士問題、続く非難と憶測の応酬
張本氏、日馬暴行で貴乃花親方は「自分に手をかけたのと同じという感覚」
白鵬説教中に貴ノ岩メール「誰だ?」に「彼女です」
横綱・日馬富士の暴行事件、相撲協会と”提訴を強行した”貴乃花の対立構図に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加