フジ「月9」好調続き!「朝顔」も視聴率トップ――脱恋愛ドラマが成功

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2019/09/11

民放ドラマの夏クールは、フジテレビ系「監察医 朝顔」(月曜よる9時)が13%に届きそうな平均視聴率で突っ走り、トップとなった。「月9」がトップになるのは、2017年夏の「コード・ブルー3rd」以来である。

「月9」は18年冬の「海月姫」で6・14%まで落ちて、一時はドラマ枠としての打ち切り説まで流れたが、ここ1年ほどは好調なのだ。「絶対零度」「SUITS」「トレス」「ラジエーションハウス」とすべて2ケタ。そしてトップに返り咲いた。ただ、月9といえば恋愛ものだったが、いま人気となるのはサスペンスだ。秋ドラマの「シャーロック」はアーサー・コナン・ドイルと、名作中の名作ミステリーなので、引き続き好調が期待される。(テレビウォッチ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
キンプリ永瀬“女性社会”の現場でキムラ緑子から洗礼「パイナップルいやらしく食べて」
『27時間テレビ』3年ぶり生放送中心に 村上信五&さんまが発言
まさかの模倣犯?埼玉の男児殺害事件に日本テレビが震撼か
『おっさんずラブ』も心配... 続編で役者が“降板”の人気作品たち
新井恵理那、勝負下着の色を「だいたい黒」と告白!ニガミ17才・平沢あくびは...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加