最新ランキングをチェックしよう
誤解がいっぱい、ゲノム編集食品の安全性と表示を解説する

誤解がいっぱい、ゲノム編集食品の安全性と表示を解説する

  • WEDGE
  • 更新日:2019/07/10

農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)がゲノム編集技術を用いて研究、開発中の収量性の向上を目指したイネ(提供:農研機構)

 ゲノム編集食品の安全性や表示をめぐり、ニュースが増えてきました。国も全国5カ所で説明会を開いています。
 しかし、品種改良の科学や表示制度の仕組みがよく理解されないまま、報道されているように思えます。
 ゲノム編集食品は安全だとする主張よりもどうしても、危険視する活動家

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鳥の脳に記憶を植え付けて新しい歌を覚えさせることに成功。人間への応用にも期待(米研究)
琥珀の中から新種の生物、通称「カビブタ」が発見される
プラスチック製ティーバッグで抽出したお茶には微細なプラスチック粒子が大量に含まれる可能性、カナダ・マギル大学発表
脳卒中の後、職場に復帰できるかどうかは歩行速度がカギに、英マンチェスター・メトロポリタン大学研究
コアラがウイルスの攻撃を受けて今まさに進化の時を迎えている
  • このエントリーをはてなブックマークに追加