竹と楓の深秋景色。「洛西・地蔵院」。

竹と楓の深秋景色。「洛西・地蔵院」。

  • 地球の歩き方特派員ブログ
  • 更新日:2016/11/30
No image

竹と楓の深秋景色。「洛西・地蔵院」。

11月も月末となりました。

地元新聞の紅葉情報では、「紅葉見頃」が少なくなり「落葉近し」の文字が
並んで来ています。
今年の紅葉も、いよいよ佳境と言う感じです。
洛西の古刹「地蔵院」。
ここは、境内を包む様に竹林が広がり「竹の寺」と言われます。

No image

地蔵院は、京都の紅葉では、かなり遅くまで紅葉が見られる所。
山門の向こうに黄色楓が見えました。

No image

見上げると、空を覆う様に伸びる竹林。
竹林の中、色とりどりの楓が映えています。

No image

地蔵院の始まりは、鎌倉時代。

No image

地蔵院は、一休さんが幼少の頃を過ごされた寺院。

No image

一休禅師は、後小松天皇の皇子として
応永元年(1394年)に地蔵院近くで生まれ、幼少の頃を、
この地で過ごされたそうです。

No image

地蔵院の辺りは、山が近くまで迫り
この時期は、午後四時を回ると夕暮れが訪れて来ます。

No image

一休さんが過ごした620年前は、
静寂の世界が広がっていたでしょうね。

No image

地蔵院に広がる、2016年の晩秋景色に、
ただただ,見入ってしまいました。

No image

《地蔵院》

◎  京都市西京区山田北ノ町23
◎  阪急電車 上桂下車 徒歩約15分
京都バス 苔寺下車 徒歩約3分
市バス 苔寺口下車 徒歩約10分
◎  拝観時間 9:00~16:30  500円

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
道具は必要ナシ!気持ちいい「ひとりエッチ」ができる4アレンジ
貴方の職場にも必ずいる!『二流すぎるアホ上司』の3大特徴はこれだ!
【けしからん】美人だが、あまりに攻めた格好で授業どころではない教師が話題に
史上最強の消防車「ビッグウィンド」はロボットアニメ顔負けのデザイン...湾岸戦争などで活躍
オシャレな県民ランキング発表! 2位「広島県」1位は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加