NMB矢倉楓子が卒業「愛を糧に一生懸命歩いて...」

NMB矢倉楓子が卒業「愛を糧に一生懸命歩いて...」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/12
No image

来年3月の卒業を発表したNMB48の矢倉楓子(C)NMB48

NMB48の主要メンバー矢倉楓子(20)が11日、大阪城ホールで行われたアリーナ・コンサートで卒業を発表した。約6年半の活動を振り返り「考えれば笑顔、幸せしかありません。私、悔いはありませんっ!」と、すっきりした表情で報告した。

来年3月まで活動予定。

矢倉は今年の選抜総選挙は辞退していたが、先月のAKB48グループじゃんけん大会には出場。仲良し同期の村瀬紗英(20)と「ふぅさえ」を組み、指原莉乃を破って勝ち上がり、準優勝を果たしていた。

アンコールの最後、キャプテン山本彩(24)があいさつで締めた後、矢倉が切りだした。「私、矢倉楓子はNMB48を卒業します」。女性専用席まで設けられ、女性ファンも多くいた会場はどよめいた。

「今年、総選挙を辞退したとき、ファンの方も『ふぅちゃん、どうするんだろ?』って、思っていたと思います」

真っ白な肌、はかなげな美貌でファンを魅了してきた「ふぅちゃん」が、ついに卒業をファンに報告した。今年に入ってから、矢倉は卒業を真剣に検討し始めており、春頃からは、周囲とその時期について、相談を重ねてきた。

やっと、ファンに自分の決意を告げられ、安心したようにニッコリ。「思い返してみれば、幸せ、笑顔にあふれています。悔いはないですっ!」。もともとは女優にあこがれ、グループへ加入した矢倉だが、卒業後は「全然違う仕事をしてみたい」とも話しており、この日は「(卒業後は)もう皆さん(ファン)に会うことはないかもしれないですけど、皆さんにいただいた愛を糧に一生懸命歩いていこうと思います」と感謝した。

現段階では、卒業後の芸能活動継続は視野にないようだが、NB48のファン、メンバー、スタッフへの愛は不変と宣言。「卒業を決めても、いや、卒業してもきっと、私のNMB48への愛は大きくなり続けていくと思います」とも話した。

矢倉は11年5月に2期加入。12年1月のチームMにも選抜され、2期生、チームMのエースとして引っ張ってきた。13年5月の「さよならクロール」では、AKB48シングルにも選抜され、同年6月の選抜総選挙では44位に入り初ランクイン。以来、昨年まで4年連続圏内で、AKB48と兼任していた時期もあった。

14年11月のNMB48シングル「らしくない」では、白間美瑠(19)とともに、ダブルセンターに抜てきされるなど、NMB48をけん引してきたメンバーの1人だった。

昨年1月公開のNMB48初のドキュメンタリー映画「道頓堀よ、泣かせてくれ」では、中心人物の1人としてピックアップされた。そんな矢倉の新たな人生への決断に、キャプテン山本彩(24)は「ちょっとしたきっかけで、卒業を決めたわけじゃない。新しい世界へ1歩、踏み出そうとする勇気を応援したい」とエールを送った。

当初は、矢倉の卒業報告で終演よていだったが、しんみりムードが漂ったため、矢倉が「これじゃ終われない」と、楽曲を“お代わり”。「NMB48」を歌い終わると、再び「もう、悔いがありませ~んっ!」と両手をバンザイしながらアクション。卒業は来年3月予定のため、これには山本が「早いよ、まだ! 半年あるから!」とつっこんでいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴、インスタで「丸刈りマッチョ姿」披露!! 山本裕典、江角マキコら引退芸能人は今
夏菜、紗栄子と共演でダウンタウンに格下扱いされるもバストは圧勝!
マネージャーを8年間で14人交代させた、菜々緒の本当の性格
海老蔵 2人の子供がママへの思い祈り、現れたのは...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加