島津製作所、血管撮影システム向けオプションに血管強調機能を追加

島津製作所、血管撮影システム向けオプションに血管強調機能を追加

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/10/12
No image

島津製作所は10月11日、同社の血管撮影システム「Trinias(トリニアス)」シリーズ「unity edition」向け下肢長尺表示オプション「SCORE Chase」に、新たに骨の像を減算処置して血管のみを強調する機能を導入したことを発表した。

血管撮影システムは、狭窄した血管をカテーテルで拡張する血管内治療の際に使用されるX線撮影装置。新たに追加された機能は、下肢全域の血管を造影して撮像した長尺画像から骨の像を減算処理することで、血管だけを鮮明に表示することを可能にしたもの。取得した長尺画像から血管画像を強調するためのロードマップ処理を行うため、従来手法のような造影剤を投与して撮影し直す必要が無いため、従来手法比で造影剤の投与量は約35%、X線量も約20%低減できるケースもあり、検査のスムーズ化につなげることができるようになるという。

なお、SCORE Chaseの価格は770万円~(税別)となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
異世界ソ連のFPS『Atomic Heart』設定の一端が垣間見える動画「Soviet Television at Facility 3826」公開
ドンキで発売開始した3980円のスマートウォッチ『アクティブギア ライフロガー』を買ってみた!
最近のものってこんなにすごいの? 有能すぎる「家計簿アプリ」3選
ドコモ、名刺サイズの「カードケータイ」発表
Core i9-9980XEはスゴイの?詳細スペックから検討する第9世代Coreと次期Core Xの価値
  • このエントリーをはてなブックマークに追加