薬物逮捕のASKA、発言は意味不明でもIT知識はスゴかった!?

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2016/12/05
No image

歌手のASKAが薬物の使用で再び逮捕され、その時の状況やASKAの言動が次々と明らかになっている。そんな中で一部の情報強者から注目を集めているのが、ASKAの“IT情強”ぶりだ。

ASKAは身柄を拘束される直前、芸能レポーターに電話で「200メートル四方までズームで追えるソフトが携帯に埋め込まれていた」「ギフハブという組織がある」と監視・盗聴されていることを強く訴えた。

「ASKAの『ギフハブ』というのはおそらく『GitHub(ギットハブ)』と言いたいのではないでしょうか。そのギットハブとは、複数人がソフトウェア開発を行う際にデータの管理を行うオンラインサービスのことで、誰かを監視するようなサービスではありません。ただ、ソフトウェア開発者やプログラマなどよほどITに長けた人でないとまず知らない用語ですから、知っていたASKAはITに関して相当な知識を持っているといっていいでしょう」(ウェブメディアITライター)

他にも「ARっていう仮想現実」と発言したり、以前には「このブログのソースコードを‥‥」と一般的ではない「ソースコード」という言葉を使ったこともある。

「読み方を少し間違えていたり、言っていることが支離滅裂だったりしますが、それでも歌手とは思えない詳しさです。よく勉強しているんだなと素直に感心してしまいました」(前出・ウェブメディアITライター)

どんなにITに詳しくても、「クスリはダメ」という子どもでもわかることが理解できないようでは‥‥。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
こんなにお手軽...カラビナの便利な使い道12例
部下を必ずつぶしてしまう上司の特徴
1万4千円の婚約指輪を店員に笑われ......花嫁の返答が話題に
オモシロすぎる!実在の高校名ランキング 3位「飯田OIDE長姫高等学校」
他人のお尻を洗った「温水洗浄便座」......衛生面を専門家が解説!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加