売値はいくら?アメリカスーパーの値段がわからない【アメリカ】

売値はいくら?アメリカスーパーの値段がわからない【アメリカ】

  • エンタメウィーク
  • 更新日:2016/11/30
No image

両手で抱えきれないくらいの大きさの牛乳パックや36個入った卵のパックにもアメリカ生活が長くなってくるとだんだん慣れてくるものです。
逆に、里帰りした日本のスーパーで、何もかもが小さく見えて不安になってくることも。
けれども、どんなにアメリカ生活が長くなってきても、頻発するのがスーパーでの、『これはいったいいくらなの??』問題。

最もよく見かけるのが、『10 for 10(10個で10ドル)』という価格表示。
そのままズバリ、10個買えば10ドルという事ですが、1個が1ドルという事で、必ずしも10個買う必要はないのです。
だったら、最初から1個1ドルと表示すればいいのに、と思うのは、絶対に私だけではないはず。
似たようなもので4 for 10(4個で10ドル)や、5 for 10(5個で10ドル)などもあります。

No image

10 for 10と似ているけれども、ちょっと違うのが、『Buy10 Save 5(10個買えば5ドルオフ)』や、『Buy10 11th Free(10個買えば11個目は無料)』といったもの。
こちらは、必ず10個買わないと恩恵を受けることができません。
表示はセール価格ですがその値段で買うためには、必ず10個買う必要があるのです。

それ以上にトリッキーなのが、『Buy One Get One Free(一つ買えばもう一つ無料)』の価格表示。
ひとつ5ドルのパスタソースにその広告表示があった場合、単純にひとつ2ドル50セントの場合と、2つ買って5ドルの場合があります。

No image

見分け方は、小さな注意書きがあるかないか。2つ買わないと割引の対象にならないものには必ず小さな注意書きがあります。

セール率が高いアメリカのショッピングですが、価格のわかり易さで言うと圧倒的に日本。
しかも、レジでの打ち間違いも多いのがアメリカショッピング。
お買い物の後のレシートチェックは欠かせません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
流行語「保育園落ちた日本死ね」に、つるの剛士が正論!賛同の声が数多く寄せられる
ご利益にあやかろう。生まれた時からボーボーの毛のすごいベイビー(イギリス)
ボディビルダーの女性が訓練をピタッと止めて3か月→どうなると思う?
週に4回はしたほうがいい...!? 「エッチのすごいメリット」4つ
「出世する男」が飲み会で必ずしていること6つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加