磐田 俊輔圧巻!!緩急自在のFKから2アシスト

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/15

「明治安田生命J1、G大阪0-2磐田」(13日、市立吹田スタジアム)

磐田がG大阪を2-0で下し、3試合ぶりの勝利で勝ち点38として6位に浮上した。

磐田MF中村俊輔(39)が緩急自在のFKでG大阪を沈めた。前半19分、左タッチライン際のFKから「DFラインの手前から3人目を狙った」と正確なクロス供給。ニアに入ってきたDF大井健太郎(33)がG大阪DF今野泰幸(34)に競り勝ち、頭で先制点を叩き込んだ。

後半に入り攻勢を強めたG大阪だったが、磐田は粘り強く無失点で耐え抜く。すると後半28分に今度は右サイドでFKを獲得。先制点の局面と同様に「速いボールを蹴ると思って(G大阪DF陣が)ラインを下げる」と読んだ中村は、裏をかいて柔らかなボールを入れる。背番号10の描いた通り、ゴール前でフリーになったMFアダイウトンが頭で合わせ、決定的な2点目を奪った磐田が逃げ切った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
C大阪、ダチョウ倶楽部が鹿島戦に来場...試合前、ステージに登場
松沢隆司氏死去 鹿児島実高サッカー部元総監督 九州高校サッカー界の名伯楽 教え子に前園、城、遠藤兄弟ら
韓国女子バレー代表、日本製シューズのロゴ隠し出場で称賛浴びるも、ネットから「ソックスが...」とツッコミ
[adidas Cup福岡]4-1-4-1に再挑戦のインハイ出場校・東海大熊本星翔、中盤で圧倒して勝つ
姫路、仙台からチーム譲渡が承認後無効の経緯を語る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加