「なお、このEメールは5日たつと閲覧できなくなります」な、Gmailの新機能に期待!

「なお、このEメールは5日たつと閲覧できなくなります」な、Gmailの新機能に期待!

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2018/04/17
No image

Image: RB-Photo/Shutterstock.com

世の中は、どんどん一昔前のスパイ映画ぽくなってます。

今月頭、Gmailが新しくなるぞ!というニュースが飛び交ってから、その機能たちが注目を集めています。GmailのウィンドウからそのままGoogleカレンダーやらを開ける機能には期待していますが、どうやらこんなスパイちっくな機能も搭載されるようです。メールタイマー機能、ですって。

Techcrunchの取材に応じたとある情報ツウいわく「コンフィデンシャル・モード」というものがあり、これによってメールの送り主が閲覧期限を設定することができます。送信日から5日間と設定すれば、その後、メールは見られなくなるというタイマー機能ですね。ただ、このGoogole新機能、期限がすぎるとメールを送った事実自体が消えるというわけではないようです。

送り主が閲覧期限でメールを送ると、Gmailがリンクつきのメールを送信。このリンクをクリックすると、送り主からのメッセージを見ることができます。このメッセージはタイマー設定時間がすぎると閲覧することはできません。ただメールにタイマーをつけるわけではなく、ワンクッション入れたスタイルです。

また、期限つきリンクのGmailからのメールは残る=メールを送った/受け取った事実が消去されるわけではありません。あくまでも、見えなくなるのはメッセージの内容だけ。また、メッセージは暗号化されておらず、送り主は受け取り主の電話番号を入力し、閲覧のためのパスコードを送るという流れになるとのこと。さらに、メッセージは、メール内でのコピー・印刷ができないという鉄壁仕様。ただ、ネタ元TechCruchを見るとわかりますが、メッセージのスクリーンショットは簡単にとれるようですね。

新Gmail、今後数週間内のリリースが予想されています。

Image: RB-Photo/Shutterstock.com
Source:Techcrunch

Sam Rutherford - Gizmodo US[原文
(そうこ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「Gmail」大幅アップデートの新機能まとめ
AGC旭硝子、実物と映像の融合を実現するガラスサイネージ
ネットの「パスワード問題」にさよなら。中島聡が期待する画期的な認証方法
Gmailにメール自動消滅機能
スマホと連動するキーホルダー「attag(アッタグ)」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加