季節外れの暑さに梅が開花? 各地で真夏日も

季節外れの暑さに梅が開花? 各地で真夏日も

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/11
No image

動画を見る(元記事へ)

11日も関東から西の各地で真夏日を記録するなど、季節外れの暑さとなった。こうしたなか、この暑さの影響で都内の公園ではある異変が起きていた。

10月なのに「苦痛」といわせる暑さ。名古屋は11日、30度以上になると56年ぶりの記録となるはずだったが、惜しくも29.9度。それでも暑い。11日は東海から西で真夏日が続出した。10月だというのに11日の鳥取砂丘は暑く、10月中旬以降に真夏日となるのは20年ぶりのことだ。マメガキにドングリ。すっかり秋めいた都内の公園には異変が起きていた。せっかちな梅が3輪。本来なら初春に咲く八重寒紅梅。肌寒い日が続いた後、今月に入って暖かくなったことから、春と勘違いして咲いたとみられる。関東では千葉県の鴨川で30度になり、真夏日となった。季節外れの暖かさに左右されるのはこんな人たち。本来なら今、引っ張りだこの肉まんだ。毎日300個限定で、寒い日は夕方には売り切れるが、気温が25度を上回ると売れ行きが鈍くなるという。ちなみに11日の予想最高気温は29度だったが、この濃霧で23.4度とぐっと下がった。13日以降になると、もっと肌寒くなる。また肉まんが似合う日がやってきそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ワンデーアキュビュー」約3万箱、自主回収へ
【台風21号】日本に接近の恐れ、週末以降に影響拡大
「ニュース見てないんか」「息子やろが」 東名追突死亡事故、デマ拡散で無関係企業に嫌がらせ 暴走する“ネット私刑”の恐ろしさ
「足でハンドル」「ラーメン食べながら」 東名事故容疑者、元交際相手の証言に衝撃
飲酒暴走「ルールまるで無視」 運転の男に懲役17年
  • このエントリーをはてなブックマークに追加