稀勢の里が最多指定!九州場所の懸賞数129本

稀勢の里が最多指定!九州場所の懸賞数129本

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/11/09
No image

若い衆の稽古を笑顔で見つめる稀勢の里

日本相撲協会は9日、九州場所(11日初日、福岡国際センター)の懸賞総数は1469本と発表した。

横綱白鵬(33=宮城野)、鶴竜(33=井筒)の休場により、150本が取りやめ。申し込み段階では昨年から250本以上減少した。

力士を指定する懸賞数は横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)の129本が最多で、地元福岡出身の東前頭9枚目琴奨菊(34=佐渡ケ嶽)、大関高安(28=田子ノ浦)が続いた。

新規は九州地区で学習塾を展開する「英進館」、アパレル会社「ナイガイ」の2件となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
豪栄道が九州場所休場 右上腕を痛める 3横綱1大関が休場
貴景勝、元貴乃花親方への思い胸に「ここで変な成績だったらダメ」
大関高安、「物言い」のち9勝目 見事にボッコリ土俵ぐしゃり/九州場所
高安物言いつく9勝に無言、進撃の逸ノ城は土俵破壊
大栄翔、3連勝で9勝目 高校の後輩・貴景勝には負けられん!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加