なぜ「錫器」で飲むと水やお酒は美味しくなるのか?

なぜ「錫器」で飲むと水やお酒は美味しくなるのか?

  • @DIME
  • 更新日:2017/11/12
No image

年を重ねるにつれ外見を飾るだけでなく、生活道具の一つ一つにもこだわりたくなる。品質に優れ、手によくなじみ、一生モノの品として使えるのが錫(すず)の製品。陶器やガラス、銀などに比べるとマイナーな素材だが、高価に見合う価値がある。

特産品として知られる「大阪浪華錫器」をつくり続けている「大阪錫器株式会社」の商品を通して錫の世界を紹介する。

■金属の特性で、水やお酒がより美味しくなる!

No image

錫の地金を溶かし、型に流した後、ロクロで削る。手仕事で丹念に仕上げていく。

隋や唐の時代に中国から伝来したといわれる錫器。公家社会で長く用いられ、その後、江戸時代に入ると一般庶民にも普及した。

江戸時代後期に起源を持つ「大阪錫器」は、現在国内に流通している錫器の6割強を生産している。厚生労働省より「現代の名工(卓越した技能者)」として表彰された代表・今井達昌氏をはじめ、鋳造やロクロなど各工程を担当する職人たちはトップレベルの技術を誇る。

No image

1983年には経済産業大臣から「伝統工芸品」に指定された。

「錫は金属にしてはやわらかく、温かい素材感があります。また、熱伝導率が高く、酒の燗などが早いですね」と今井氏。熱くなるのが早ければ、その逆もしかり。冷水をタンブラーに入れると一瞬に、驚くほどの早さで冷たくなった。お燗に適した素材ということで、チロリや徳利などの代表商品がつくられている。

「そして、錫は毒性を持たない金属です。水や酒の味がまろやかになります。錫のコップに水を入れて、冷蔵庫に置き、翌朝、飲むと味が全然違う。これは有名です」。錫の容器側に不要な成分が吸着するのだろうか。お酒の場合は、嫌な苦みや酸味もやわらぐという。

■酒器、茶壷、ステイショナリー、アイテムの幅が広い

No image

富士山シリーズの「タンブラー(小)(税別8000円)」「ぐい呑み(税別5000円)」。こんな愛らしい置物も「ほのぼの猫(税別各2800円)」。

現在、同社の商品は、30年から50年使用することを前提に生産している。普段通り使うだけで、一生モノの愛用品となる錫製品だ。

アフターフォローも細やかで、落としてへこんだ場合などの修理や、磨き直しなどのメンテナンスにも対応してくれる。伝統技術の継承者が少ない業界ゆえ、他社の商品を持ち込まれることも多い。江戸時代につくられた錫器を修理することもあるそうだ。

No image

瞬く間にお酒が温まり、味が丸くなるチロリ「酒器セット 弥生(税別2万1000円)」。

さて、錫の魅力を存分に感じられるおすすめの商品は、まず酒器の類だ。チロリやぐい呑みといった和酒器以外に、ジョッキやワインカップなども取り扱っている。いつも飲んでいる酒の旨みが増す。お酒を飲まない人なら、幅広い用途に使えるタンブラーを手に入れるのもいい。

No image

茶葉の香りを保ちやすい「茶壷 花丸(税別2万5000円)」。

また、酒器以外では密閉性に優れ、茶葉が湿気にくい茶壷も評判が高い。美しい絵付が施された商品は、鑑賞の品としての役割も果たす。その他、コースターやペーパーウエイト、ブックマークなどの小物では、実用を通して、色や質感など錫が持つ温かみに触れられる。

No image

スリムで持ちやすい「マニベール タンブラー(小)(税別5000円)」。

No image

内側の凹凸によりビールの泡が細かく、なめらかになる。

■伝統を保つために、常に進化し続ける

No image

今井氏のもとで若い職人たちが技術を受け継ぐ。

「伝統工芸の世界は止まったら終わり。時代の生活様式に応じた商品をつくることが大事です。しかし、ただブームを追いかけるわけではありません」と語る今井氏。流行りすたりではないからこそ、一旦、動き出した商品は、10年も20年も定着する。近年は著名な漆職人とのコラボレーションなどにも挑戦。「一度つくった商品は廃盤にしない」から増える一途だが、商品に対して最後まで責任を持つ。希少な技術が、褪せない、失われない理由だ。

●大阪錫器株式会社
大阪市東住吉区田辺6-6-15
06-6628-6731
http://www.osakasuzuki.co.jp/
※商品は百貨店などで取扱い。ホームページからの注文も可能。

取材・文/中澤美紀子

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ネットで話題!千葉・養老渓谷の「2階建てトンネル」を見逃すな!
「白バイ」ぽい格好でバイクに乗ったら、周りの車も安全運転に。でもこれってOKなの?
ニトリ「カット式台ふきん」(205円)が衛生的で最高! キッチンに革命が起きる
「鉄筋」ってそもそも何? 世界初の「鉄筋の博覧会」開催
体を温めて、寒い朝でもすっきり目覚める簡単眠気覚ましの方法

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加