安美錦が5敗目 中盤終えて星は五分 「踏み込みは良かったけど...」

安美錦が5敗目 中盤終えて星は五分 「踏み込みは良かったけど...」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/09/20
No image

琴恵光(左)に押し出しで敗れた安美錦=両国国技館(撮影・園田高夫)

「大相撲秋場所・10日目」(18日、両国国技館)

元関脇で西十両筆頭の安美錦(39)=伊勢ケ浜=が琴恵光(佐渡ケ嶽)に押し出され2連敗で5敗目(5勝)を喫した。踏み込み鋭く、ハズで押し込んだが、はたいて呼び込んだのが失敗した。

「しっかり当たって押してからまわしを取ろうと思ったけど。せっかく押して行けたのに。踏み込みは良かったけど」と悔やんだ。

夏場所は再入幕したが古傷の右膝を悪化させた影響もあり4勝11敗と負け越し。先場所、十両で仕切り直した。30歳代最後の今場所、勝ち越せば40歳で再入幕の可能性は十分にある。

中盤終わり星は五分。「終わったことを考えても仕方がない。毎日しっかり取るだけ。その日の力を出せるように」と終盤戦へ向け、もう一踏ん張りだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鶴竜 今巡業で初めて相撲取り正代と8番で全勝 高安は大栄翔を相手に5勝3敗
田淵幸一氏、輪島さん通夜で別れ惜しむ“打撃練習で休場”秘話も
具志堅用高氏「よく銀座や赤坂に」輪島さんしのぶ
鶴竜、秋巡業で初相撲 九州場所へ「ここから上げていく」
事実上の一騎打ち?今年の大相撲における年間最多勝争い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加