棚橋3年ぶりG1制覇へ平常心 オカダらと同じAブロックに「AはエースのA」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/06/25

「プロレス・新日本」(18日、後楽園ホール)

真夏のシングルリーグ戦「G1クライマックス」(7月14日開幕)のブロック分けが発表され、Aブロックに入った棚橋弘至は3年ぶりの優勝へ平常心を強調した。

棚橋はKUSHIDA、ジェフ・コブ、ジュース・ロビンソン、マイケル・エルガンと組み、外道、石井智宏、ジェイ・ホワイト、後藤洋央紀組と対戦。同じAブロックのオカダらと激しくやり合い、最後はKUSHIDAが外道をホバーボードロックで捕らえて勝利した。

試合後の棚橋は余裕の表情。「ブロック分けが決まって急にスイッチが入るというか、選手同士も意識し始めているというか。でも、(自身は)17年連続17回目(の出場)なので平常心で。AブロックのAはエースのA」と冷静に話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
動画:失業した『トイザらス』のキリンがプロレスに参戦するも『Amazon』にぶちのめされる
オメガ、内藤との死闘制して酷評「進化していない。みんな飽きてる」
中邑真輔がUS王座奪取 奇襲急所打ち秒殺フォール
GACKT、パッキャオとの2ショット披露 クララルンプールでの世界戦生観戦
マサ斎藤さん死去、“巌流島”で猪木と2時間超の死闘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加