平野歩夢「足りなかったのは着地の完成度と高さ」

平野歩夢「足りなかったのは着地の完成度と高さ」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/15
No image

男子ハーフパイプから一夜明け、記念撮影で笑顔を見せる平野(撮影・河野匠)

平昌冬季五輪(ピョンチャン・オリンピック)スノーボード男子ハーフパイプで、14年ソチ五輪に続く2大会連続となる銀メダルを獲得した平野歩夢(19=木下グループ)が、メダル獲得から一夜明けた15日、平昌で会見を開いた。

平野は「銀メダルで終わってしまって…目の前に金メダルがありながら結果が。受け入れる部分と悔しさがある。リベンジする4年後に出られれば」と語った。

足りなかったものを聞かれると「足りなかったものは、細かく言うと着地の完成度。高さももう少し出せる。そこがもう少し点数を伸ばせたところと思う」、「今できることの高さ、完成度…今後のハーフパイプ(HP)で勝ち続けるためには必要」と語った。

平野は1回目に着地に失敗し35・25に終わったが、2回目に自身が史上初めて成功させた連続4回転「DC14-キャバレリアル(キャブ)DC14」の大技を成功させ95・25を記録したが、王者ショーン・ホワイト(米国)が3回目に97・75を出し、届かなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アイスダンスで仏代表の衣装はだける、選手は「悪夢」と涙 平昌五輪
宇野昌磨選手「課金は負けではない」の名言にソシャゲ民感涙!
フィギュア・アイスダンスの韓国ペア、衣装はだけるハプニング<平昌五輪>
韓国脱げずにフランス脱げた「最悪の悪夢が起きた」
またも衣装はだけ、フランス組あわやのアクシデント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加