磐田ムサエフ先制点「こぼれてくる予感があった」

磐田ムサエフ先制点「こぼれてくる予感があった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17
No image

前半、得点し笑顔を見せる磐田MFムサエフ(中央)。左からDF大井、1人おいてMFアダイウトン(撮影・滝沢徹郎)

<明治安田生命J1:磐田1-1浦和>◇第26節◇17日◇エコパ

ジュビロ磐田MFムサエフ(28)が、今季3点目となる先制点を決めた。

0-0の前半21分、MF中村俊輔(39)のFKからDF高橋祥平(25)が放ったヘディングシュートのこぼれ球を頭で押し込んだ。

今季エコパ開催の2試合で2得点のムサエフは「自分のところにこぼれてくる予感があったので動きを止めなかった。押し込むだけだったし、個人的にもエコパが好きだね」と、話した。一方で、チームは後半34分に同点とされて引き分けに終わった。「ドローという結果はもちろん良いとは言えない」と、悔しさもにじませた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【AFC U-16女子選手権タイ2017 準決勝 韓国戦 ハイライト動画】リトルなでしこ、押し気味に進めた韓国戦をPK戦で落とす...U-17W杯出場権は中国との3位決定戦に持ち越し
筑波大 J発足以降の大学勢初の8強逃す...大健闘もJ1クラブ4連倒ならず
井手口の不敗神話が崩壊...G大阪、柏に敗れ8強ならず/天皇杯
CKからドンピシャヘッドも...筑波大DF鈴木大誠「自分のせいで負けた」
大宮の監督の目に留まった「小さい頃から知っていた」筑波大のある選手とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加