アニメやゲームだけじゃない、成長続く「2.5次元ミュージカル」の影響

アニメやゲームだけじゃない、成長続く「2.5次元ミュージカル」の影響

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2019/07/23
No image

『NEWレイヤーズ★パラダイス』で発見したコスプレイヤー、(左から)メアさん(星空凛)、めろこさん(直樹美紀)、らてさん(恵飛須沢胡桃)撮影/ソムタム田井 (C)oricon ME inc.

コスプレ衣装のまま施設内のアトラクションに乗れたり、飲食が楽しめるほか、ダンスパーティーまで実施されるなど、見どころが満載のコスプレイベント『NEWレイヤーズ★パラダイス(以下、レイパラ)』。コスプレファンにとってはおなじみのイベントが、先ごろ東京ドームシティで開催された。そこで、同イベントで見つけた魅力溢れるレイヤーたちに、“この夏、流行りそうなコスプレ”について聞いてみた。

【写真】爆弾ボディをおしげもなく… コスプレ美女が大胆衣装で魅了

さまざまな作品のヒロインが集結するなか、目を引いたのが『がっこうぐらし!』のキャラクターに扮した3人。らてさん(恵飛須沢胡桃)、りっかさん(若狭悠里)、めろこさん(直樹美紀)は、2015年のテレビアニメ放送時から、いつかコスプレで“併せ”をしたいと思っていたものの、なかなかタイミングが合わず実現できなかったという。

今回の『レイパラ』でも、残念ながら丈槍由紀役の友だちは参加できなかったが、「このタイミングを逃すと、次はいつ集まれるかわからない」ということで、3人で参加。写真撮影だけでなく、他のレイヤーともアニメ談義などで花を咲かせ、イベントを思いきり楽しんでいた。

そんな彼女たちに、この夏、コスプレ界隈で人気が出そうな作品を聞いてみると「『あんさんぶるスターズ!』が再燃すると思います。もともとは2015年にリリースされたスマホゲームで、今でもコスプレをしているレイヤーは大勢いますが、この7月からテレビアニメ版がスタートしたんですよ。それに合わせて、新たに『あんスタ』にハマるレイヤーが急増しそうな気がします」とのこと。

さらに最近では、アニメやゲームだけでなく、2.5次元ミュージカルがきっかけとなり、コスプレ人気に火がつくタイトルも増えてきているという。具体的な作品名を聞くと、「『幽☆遊☆白書』の舞台化が発表されてから、私たちの周りでも、飛影や蔵馬のコスプレをしたいと言っている友だちが増えてきましたね。『家庭教師ヒットマンREBORN!』や『イナズマイレブン』も舞台化されたときは、コスプレする人が急増していたので、レイヤーにとって2.5次元ミュージカルの影響は大きいと思います」といった意見を聞かせてくれた。

続いて、『ラブライブ!』の西木野真姫に扮するわらびさんと、星空凛に扮するメアさんにも質問してみると、「『Fate/Grand Order』をはじめ、『Fate』シリーズの人気はますます高まっているので、夏場のイベントでもコスプレをする人は多いでしょうね。7月からテレビアニメ『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』もスタートしたので、こちらの作品のキャラクターに扮するレイヤーも増えそうな気がします」とコメント。

他にも「『鬼滅の刃』や『Dr.STONE』、10月から第4期の放送が決定している『僕のヒーローアカデミア』など、今年は『週刊少年ジャンプ』で連載中の作品も熱いですね。立て続けにテレビアニメ化されているので、これらの作品のコスプレをする人も多くなりそうです」など、ヒット作の傾向についても系統立てて教えてもらえた。

取材・文=ソムタム田井

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

アニメカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
内山昂輝さんお誕生日記念!一番好きなキャラは?19年版 3位「ユーリ」ユリオ、2位「Free!」桐嶋郁弥、1位は...
「ありふれた職業で世界最強」第4話の先行カットが到着!
アニメ化してほしいマンガは?【未完結作品編】「うらみちお兄さん」「憂国のモリアーティ」を抑えたトップは...
京アニ放火事件の思わぬ余波...中国アニメにその座を奪われる危機
『このすば』記念ファンブック制作プロジェクト開始 ファン“編集者”で名前記載などの特典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加