世界最古のワイン醸造痕跡見つかる ジョージア、8000年前

世界最古のワイン醸造痕跡見つかる ジョージア、8000年前

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/11/14
No image

ジョージアのカラミス・ディディゴラで出土した新石器時代のつぼ。ジョージア国立博物館提供(撮影日不明、2017年11月13日入手)。

【AFP=時事】ジョージア(旧グルジア)で発掘された約8000年前の陶器のつぼを科学分析したところ、世界最古のワイン醸造の痕跡が見つかった。国際研究チームが13日、米科学アカデミー紀要に発表した。これまで最古とされてきたワイン醸造痕よりも1000年近く古い。

一部が欠けたつぼは、首都トビリシの南約50キロにある遺跡発掘現場2か所で発見されていた。一部にはブドウの装飾が施されていた。

米国、カナダ、デンマーク、フランス、イタリア、イスラエル、ジョージアの科学者からなる研究チームは過去4年、数十年前に発見された両現場の再調査に当たってきた。

残留物の分析から、新石器時代の紀元前約6000年ごろにさかのぼるワイン造りの痕跡と判明。論文を執筆した一人、カナダのトロント大学のステファン・バティユク上級研究員は、発見について「もっぱらワイン生産を目的としてユーラシア産の野生ブドウを栽培化した最古の事例だと確信している」と述べている。

近東のワイン造りの化学的痕跡としては、イランのザグロス山脈で見つかった紀元前5400~同5000年(約7000年前)のものが最古とされていた。

世界最古の醸造酒は、およそ9000年前にコメを原料として造られた中国の酒とされ、イランのこのワインがそれに続いたと考えられてきた。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
移民を奴隷として競売か 米報道、リビア政府が調査へ
「彼女の脳みそは美味かった」露で想像を絶する“猟奇的食人事件” 脳フライ&グラス生血を......
浴室で息子が薬物過剰摂取 その後の掃除で母親が死亡(米)
サウジの王族が一斉逮捕された事情 “拘置所”はリッツ・カールトン
F18戦闘機が空に男性器... 米海軍、パイロットを処分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加