「エキストランド」吉沢悠演じる映画Pはダース・ベイダー?続編製作への意欲も

「エキストランド」吉沢悠演じる映画Pはダース・ベイダー?続編製作への意欲も

  • ナタリー
  • 更新日:2017/11/12

エキストランド」の初日舞台挨拶が11月11日に東京・ユーロスペースで開催され、キャストの吉沢悠戸次重幸前野朋哉金田哲はんにゃ)、監督の坂下雄一郎らが登壇した。

No image

「エキストランド」初日舞台挨拶の様子。左から田中雄之、金田哲、戸次重幸、吉沢悠、前野朋哉、坂下雄一郎。

すべての写真を見る(全7枚)

No image
No image

本作は、過去の失敗から映画を製作できなくなったプロデューサーが、地方の市民をだまして映画を作ろうとするさまを描いたコメディ。悪徳プロデューサーの駒田を演じた吉沢は「主役に感情移入できない映画だと思うが、エキストラ含め周りの皆さんに助けていただいた」と撮影時を回想。戸次は、オムニバス映画「らくごえいが」の中の1本「猿後家はつらいよ」に続いてのタッグとなった坂下について「監督はほかのキャストの方々には指示をされていたが、僕には何も言ってくれなかった! 『戸次さんはそれでいいです』と。本当に芝居がよかったか、僕に興味がないかのどっちか」と冗談を交えながら言及する。

No image

続いて金田は「僕と前野くんの役はピュア。それに引き換え、吉沢さんの演じた駒田は本当にこの世からいなくなればいいのにと思うほどの悪徳ぶりだった」と、前野は「劇中で対峙したとき、駒田を本当に悪い人とは思えなかった。映画業界が生み出してしまった悪魔のような存在」と、思い思いに駒田を評する。2人の言葉を聞いた吉沢は「田中雄之プロデューサーからは、駒田はダース・ベイダーだと言われていた」とエピソードを明かしながら、「なぜ彼はダークサイドに堕ちてしまったのか、続編の製作に期待したい」と意欲をのぞかせた。

(c)Koto Production Inc.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『ザ・サークル』両親の夜の営みがネットに拡散、これは最高に気まずい!
ムロツヨシ、芳根京子の弟役で声優デビュー!米アニメ映画「ボス・ベイビー」
川栄李奈「愛を詰めました」KUBO舞台挨拶に全身黒ドレスで登場
11月21日の注目映画第1位は『泥棒役者』
BUMP OF CHICKEN“記念撮影”使用、カップヌードルCM第3弾は「サザエさん篇」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加