滋賀県民のための文具を発見!琵琶湖の形がすらすら描ける定規「びわこテンプレート」

滋賀県民のための文具を発見!琵琶湖の形がすらすら描ける定規「びわこテンプレート」

  • @DIME
  • 更新日:2016/11/30

滋賀県民には、大きな弱点がある。

琵琶湖の正確な全体図が描けないのだ。

そんなバカな、と思うかもしれない。

滋賀県にすっぽり琵琶湖が収まっている、というかむしろ琵琶湖のフチにへばりついている土地が滋賀県、というぐらいである。県民の琵琶湖愛は半端なものではない。

なのに、ちゃんと琵琶湖が描けないのである。

No image

比叡山から見た琵琶湖。湖南端のほんの切れ端ぐらいでこれぐらいの大きさ。

なぜか?それは琵琶湖が巨大すぎるのだ。

なんせ全周約250km。でかい。直線距離にして東京・浜松間ぐらいだ。

それだけ大きいと、自分の暮らしている生活範囲の中の、琵琶湖のごく一部分しか把握できない。湖北の人と湖南の人では、知ってる琵琶湖がそもそも違うのだ。あと、滋賀県内に住む限り、地図でも案内表記でも、小学生の教科書でだって、とにかく至る所で琵琶湖の全体図を目にすることになる。

で、それほど大量に見て慣れてしまうと、詳細にそれを記憶しようとは思わなくなるのではないか。だいたい憶えているからいいや、と漠然レベルで憶えることを止めてしまうのだ。

No image

筆者(小学1年から15年間滋賀在住経験有り)の記憶スケッチ。意外と描けたつもりだったが、答え合わせして深く落ち込む。

それが証拠に、もし近くに滋賀県民または滋賀県出身者がいるなら、ペンと紙を渡して「記憶だけで琵琶湖の絵を描いて」と頼んでみるといい。

ほぼ間違いなく、ぼんやりした人の足の裏のような形を描いて「こんな感じかな?」とお茶を濁すはずだ。実は僕も小学校から15年ほどの多感な時期を琵琶湖の畔で過ごした元滋賀県民であるが、琵琶湖を描かせればだいたいこんな感じだ。(今でも実家は滋賀県内にあるのに)

しかし、普段から京都・大阪人に向かって「琵琶湖の水、止めたろか」と恫喝しておきながら、自分たちは琵琶湖のどの辺りを絞れば下流への水の供給を断てるのかを地図に書いて正確に説明できない。

それはあまりにも杜撰なのではないか。

No image

コクヨ『びわこテンプレート』

そういう時に役立つのが、コクヨ『びわこテンプレート』である。

パッケージに「琵琶湖がすらすら描ける」とある通り、まさに琵琶湖を正しく描くために産まれた、滋賀県民待望のツールなのだ。

No image

枠がかなり小さいので、ニードルチップのペンかシャープペンシルを使うのがオススメ。

使い方は、テンプレートを丁寧になぞるだけ。もう、北のツノは2本だっけ、3本だっけ?とか、どの辺りでキュッと縮んだっけ?とか悩むことはない。なぞった輪郭に合わせて湖内の沖島・竹生島も描き込めば、1/100万の琵琶湖が完成である。

No image

描線に合わせて島も配置。

No image

正確な琵琶湖が簡単に完成。取り戻せ、滋賀県民のプライド!

さらに県鳥の水鳥『かいつぶり』や琵琶湖にのみ生息する固有種の『なまず』=ビワコオオナマズ、『しろ』(彦根城か?城跡のみ残る安土城か?)や甲賀忍者の『しゅりけん』など、滋賀にゆかりのあるデザインも描き放題。

なんと、県内では「イナヅマナンバー」と呼ばれる(そして県外では「ゲジゲジナンバー」と嘲笑されている)自動車ナンバープレートの「滋」の字のギザギザの部分だって描けるのだ。

No image

「だっしゅ」は県の一大イベント『琵琶湖マラソン』と見た。

No image

ゲジゲジナンバー、略して「ゲジナン」と呼ばれる滋賀ナンバーの一部図柄。ゲジナンという語感のひどさよ。

こんなの、どう考えても滋賀県民しか喜ばない。ざっくり全滋賀のご家庭に1つずつ備えると世帯数分約56万個売れるのだが、逆に日本国内の滋賀以外では売れる要素ゼロ。あまりにも限定的すぎる極狭文房具である。

じゃあどうせなら『よっと』の代わりに外輪船『みしがん』もしくは研修船『うみのこ』が欲しかったし、平和堂の『はと』も地図には必須のマークだろう。お土産マークとしてクラブハリエのバウムクーヘンやうばが餅もあるといい。島以外に琵琶湖大橋・近江大橋の二大橋の位置も正確に描き込みたい。

No image

パッケージ。琵琶湖がスラスラ描ける、という行為の意味については説明されていない。

滋賀県民以外には全く意味不明だろうが、それでいい。そこまで滋賀に特化してこそ、狭い範囲内での喜びも増すというものだろう。バージョン2が出るようなら(たぶん出ない)、ぜひそこまでやって欲しい。

ところで、なんでこんな狭い文房具をコクヨが作っているのか?

実はコクヨは琵琶湖の湖東にある工場でキャンパスノートなどを生産し、『びわこ文具』なるシリーズまで展開している。滋賀愛・琵琶湖愛に満ちたメーカーなのである。

たぶん工場で働いている人もテンプレート無しでは琵琶湖が描けないと思うが。

文/きだてたく

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
人をダメにする着る毛布「ダメ着」のニューバージョンが完全にダメなやつ / 頭から足まですっぽり包まれて着たままトイレもできる!
あなたの目が良いかどうかテストできる画像が話題に
1万4千円の婚約指輪を店員に笑われ......花嫁の返答が話題に
自分の嘘もすぐに忘れる蓮舫の記憶力の悪さ。朝日新聞すら擁護できず
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加