20代OLが「社内飲みカラオケでおっさん上司にドン引する瞬間」――沖縄ソング、「la la la...」を歌いきる、『恋チュン』ダンス強要...

20代OLが「社内飲みカラオケでおっさん上司にドン引する瞬間」――沖縄ソング、「la la la…」を歌いきる、『恋チュン』ダンス強要…

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2016/12/01
No image

この時期、会社の忘年会でカラオケに足を運ぶビジネスパーソンは少なくないだろう。忘年会のカラオケは、いつもとは違う独特の雰囲気が漂うと言われる。同世代の社員のみが集まる「同期カラオケ」とも、音楽の趣味が合う仲間同士で飲む「友だちカラオケ」とも違い、異なる性別、年齢の人間が十数名集う密室でそれなりに盛り上がる曲をチョイスしなければならないからだ。

結果、若者たちは年配者に配慮し、懐メロやアニソン、AKB48やジャニーズに代表される国民的ソングを歌ういっぽう、40代以上の年配社員は好きな曲を気持ちよさそうに歌うという非対称な構図がしばしば発生するとも言われる。

◆20代社員が怒る!こんな社内飲みカラオケはイヤだ!

だが、そんな若手社員たちは、年配者がカラオケで熱唱する姿にニコニコと手拍子を打ちながら、心の中では彼らの曲のチョイスからノリ、歌詞を替え歌にしている箇所、歌い方まであらゆる所作を観察し、冷笑しているケースが少なくない。

そこで本記事では、20代のOL21人から、社内飲みのカラオケでドン引きするオッサンの行動を聞いてみた。忘年会を控えた30代以上のビジネスパーソンはぜひ若者の声に耳を傾けてみてほしい。

◆スラムダンク、ドラゴンボール…懐かしのアニソンも今や聴きすぎてトイレタイム

「オールでカラオケに行くとたいてい25時半くらいから選曲のネタが切れて早くもアニソンで場を回していくことがあります。そこで決まって30代以上のおっさんたちが入れるのがスラムダンクやドラゴンボールなどのアニソン。あまりにも歌いすぎて、WANDSの『世界が終わるまでは…』は、ザッとならせば2週間に一回くらい聞いてる気がする。『君が好きだと叫びたい』もメタボの33歳独身の先輩がよく歌う。思考停止的にいつも同じ曲ばかり。あえて他の曲を入れて周囲を引きつけようという意思を持てばいいのに」(27歳・広告)

「TM NETWORKの『GET WILD』はどうせ今年の忘年会でも誰かが歌うと思うけど、この曲のイントロが流れた瞬間に『あー!めっちゃ懐かしい!』『これめっちゃ好き!』って言ってあげるのがもう飽きた。入社以来、5年間イントロの“タンタンタン タタタタタン”の箇所で『いい曲入りましたね~!』って反応してあげる仕事を私は無償でやってる気がする」(29歳・広告)

「スラムダンクの曲が流れてる最中にモニタに映し出されるアニメ放映時の仙道とか魚住の姿を見て『懐かし~!』『仙道だ!』『はなみちぃ~!』って言うのがそろそろ疲れた。下手したらテレビで笑点メンバーを見るくらいのペースでスラムダンクのキャラはカラオケで見てるかも」(28歳・WEBメディア編集)

◆全員に合唱や“おしぼりブンブン”を強いる意外と古い湘南乃風、変わらぬ替え歌、そして繰り返される沖縄ソング

「全員に合唱や掛け声を実質的に強要するKICK THE CAN CREWの『マルシェ』、湘南乃風の『睡蓮花』は疲れてる終盤で歌われると最悪。もちろん、プライベートで車の中で聞く分には最高だけど、タバコと酒の臭いが充満する密室で『真夏のジャンボリー!』とか言ってんじゃねーよと思う。あと、イラっとくるのが湘南乃風を歌ってるオレって若者!と思い込んでる30代オッサンが多いこと。『睡蓮花』はすでに9年前の曲。20代にとっては中学生のときに聞いた曲なので懐メロですよ(笑)」(24歳・不動産)

「浜崎あゆみの『BLUE BIRD』のサビを替え歌で!“青い空は AV女優~!”とドヤ顔で替え歌する30代。最初に合コンで聞いたときは楽しかったけど、そのネタもう飽きたし。ちなみにそのあとは“明日香キララも AV女優~!”と続くんだけど、そのへんになると誰も合唱してくれなくなって、おっさんからマジで哀愁が漂ってくる。結局、選曲も替え歌も思考停止的に毎回盛り上がると思い込んでカラオケのセットリストを組むのはやめてほしい」(26歳・メーカー)

「『女々しくて』も素で歌うフェーズはすでに超えた感がありますね。替え歌にして、合いの手を入れるのは基本として、フリもオリジナリティを入れないとおっさんの必死さが際立つ死の時間になります」(28歳・営業)

「バラードタイムでも、盛り上がりタイムでも挿入できる沖縄ソングは確かに便利。でも40歳のメタボ上司が歌うのは毎回『海の声』と『島唄』の2曲のみ。どちらも大好きな曲だけど、毎回歌ってくるとコイツは毎回同じ曲を入れて逃げてんなと思う」(28歳・メーカー)

◆ジャニーズを気持ちよさそうにデュエットする既婚者から漂うこいつらの合コンレベルの低さ

「KinKi Kidsの『愛のかたまり』を得意げに歌う同じチームの30代コンビがいます。ちなみにそいつらは『青春アミーゴ』も連チャンで入れるんですが、二人とも既婚。きっとこいつらの合コンの持ち歌なんだろうなと思って聞いてるけど、ハッキリ言ってダンスもしないし、声も似てないしで、聞いててダラける。適当に手拍子しながらデンモクの『あの頃』を見て暇をつぶしてます」(27歳・広告)

「40代のダボッとしたパンツを履いてる先輩が『今夜はブギーバッグ』を歌い始めると、ウチの会社の最大勢力である団塊ジュニアおっさんたちがいっせいに立ち上がって盛り上がるのがキモい。団塊ジュニアおっさんは人数が多いから場の流れを醸成しがちだけど、若者がそれを支持していると思うなよ」(29歳・出版)

「『la la la …』がやたらと入る曲を後奏しかない場面でもフルで歌いきるウチの39歳マネージャーはたぶん歴代1位のクソシンガー。ジャニーズの曲でKinKi KidsとかKAT-TUNのマイナーな曲を入れるし、ヤケクソになって新卒1年目の前でハイスタを歌うし、空気が読めてなさすぎ」(26歳・出版)

◆勝手にAKB48を入れて「ほら、踊って!」続発する“アイドルソングハラスメント”

「『恋するフォーチュンクッキー』を勝手に入れる先輩。毎回いるんですよね。たぶんスナック含めたらウチの同期は20回くらい踊ってると思う。私たちがあの曲を踊っていて既に飽きてるんだから、きっとAKB48本人たちは私たちの2000倍くらい飽きてるんだろうなと思う。そう言いながら“オニギリ、オニギリ”してあげる私ってエラいですよ本当に(笑)」(28歳・PR会社)

「カラオケに30代以上のおっさんが多いと、私たちが歌う用に勝手に『ヘビーローテーション』とか『行くぜっ!怪盗少女』を予約する彼女いない歴9年の上司がいます。これってアイドルソングのダンスを強要する“アイドルソングハラスメント”ではないでしょうか。個人的には乃木坂とか欅坂のほうが好きなんですが、あの人たちはそれじゃ喜びませんからね」(26歳・IT)

◆ではどんな曲ならよいのか

ここまで若手からの多くの不満が声が聞かれた社内飲みのカラオケ。すでにいったい何のために開かれているのか疑問に持つ者も少なくないだろう。そこで社内飲みで上司や先輩が歌ってたら嬉しい曲や歌手を聞いてみると…。

「星野源の『SUN』はまだいいかな。どうせ今年はドラマ「逃げ恥」の影響で『恋』を入れるヤツが出るんだろうけど、問題は誰がその曲を入れるのか。そして入れたからにはちゃんと恋ダンスを踊れるのか。PPAPと共にチキンレースが始まってます」(28歳・広告)

「『ゲスの極み乙女。』も、そろそろキツいかも。若者同士では盛り上がれるのでオジサンが入れてもいいけど、たぶん他のおじさんやおばさん、上司が盛り上がれないと思うので」(25歳・IT)

「定番の曲でも、振り付けが完璧だったり、宴会芸が洗練されてるならアリ。前に合コンした大手キー局の人たちとのカラオケはTMとかTOKIOとか全部知ってる曲だったけど新鮮に楽しめたので。まあ、そういうストイックさを社内飲みで期待できるわけがないんですが」(26歳・商社)

「社内飲みのカラオケって、いつも同じ曲を、いつものメンバーで、まるで盛り上がっているかのように、楽しんでいるかのように歌って踊る伝統芸だと思う。決してみんなが歌ったことのない曲を歌ってみるような冒険する場所ではない。それは理解できなくもないけど、その意味で会社のカラオケっていうのはリスクを背負わず、いつまでも同じ日常が続くと思い込んで事を進める日本社会の縮図だと思う」(26歳・コンサル)

今年の忘年会の二次会でカラオケをする30代以上のビジネスパーソンは、本記事を参考に作戦を練ってみてはいかがだろうか。
<取材・文/日刊SPA!取材班>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【正答率1%だと!?】解けたらIQ167の問題が話題に!あなたは天才か、それとも凡人か?
ベビーカーにベビーでなく荷物を載せる親がいる理由 秀逸投稿が話題
その手があったか!「コンドームエッチ」で気持ち良くなる方法3つ
1万4千円の婚約指輪を店員に笑われ......花嫁の返答が話題に
ごめん、無理っ!! 旦那にしたらヤバいと思う男の職業・6つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加