創成館が4強入り、変幻自在右腕・伊藤また好救援

創成館が4強入り、変幻自在右腕・伊藤また好救援

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/12
No image

2番手で登板した創成館・戸田=神宮球場(撮影・中田匡峻)

「明治神宮野球大会・高校の部・準々決勝、創成館6-4聖光学院」(12日、神宮球場)

創成館(長崎)が序盤のリードを守って逃げ切り、準決勝進出を決めた。

初回に3点を先制すると、二回に1点、三回に2点を追加。四回以降は無得点だったが、3投手のリレーで反撃をかわした。

2点リードの六回から登板した伊藤大和投手(2年)は、初戦に続く好救援。4回を2安打無失点、4奪三振の力投をみせた。

上手投げと横手投げを変幻自在に使い分ける右腕。両方の投法で操るスライダーとチェンジアップ、上手投げで使うカーブやスプリットと、変化球のバリエーションも豊富だ。

「高低を意識して投げた。内野ゴロを打たせてとることができた。今日は上(オーバーハンド)の直球がよかった」と顔をほころばせた伊藤。大阪桐蔭と対する準決勝へ「注目選手がいっぱいいて、ほとんど打たれると思うけど、打たせてと取っていきたい」と謙虚に抱負を口にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
広島「°C°C°C」3連覇、日本一へドドドォー!!!
ソフトバンク松田の“人生の岐路”は?
【野球】阪神・石崎が“剛球”で未来切り開く 155キロ、ストレートの秘密
九州学院(熊本)編「ヤクルトドラ1村上輩出!開校100年を越える伝統校のつながり!」
ミキハウス・木村社長、阪神V&福留MVPならビッグプレゼント約束!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加