半数に“認知症の恐れ” 高齢運転者の死亡事故

半数に“認知症の恐れ” 高齢運転者の死亡事故

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/02/15
No image

動画を見る(元記事へ)

死亡事故を起こした高齢ドライバーの半数が「認知症の恐れ」があるなどと判断されていたことが分かりました。

警察庁によりますと、去年、75歳以上の高齢ドライバーが起こした交通死亡事故は全体の約13%にあたる418件でした。このうち半数のドライバーは事故の前の認知機能検査で「認知症の恐れ」、または「認知機能低下の恐れ」と判断されていました。また、ブレーキとアクセルの踏み間違いによる死亡事故の割合は75歳未満と比べて6倍以上に上っています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
奈良公園で「シカに噛まれた!」 中国人観光客からの訴えが多い理由
女児誘拐容疑で男逮捕、容疑者宅で19歳少女も保護
京王井の頭線、下北沢工事で区間運休! →予定より早い運転再開に「スゴい!」
「年金振込額が凄く減ってる!」という苦情はなぜ2月に多いのか
1998年と2015年の新旧トヨタ・カローラを衝突させると壊れ方がこんなに違う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加