ジャスティン・ビーバー断言 「インスタグラムは悪魔のためにあるモノ」

ジャスティン・ビーバー断言 「インスタグラムは悪魔のためにあるモノ」

  • Techinsight
  • 更新日:2016/12/01
No image

あんなにハマっていたのに、インスタグラムへの嫌悪感を明かしたジャスティン・ビーバー

かつてはインスタグラムの大ファンで、プライベートショットを多数公開していたジャスティン・ビーバー。しかし一時交際していたモデルのソフィア・リッチーについて、「正直に言うとブサイクだ」といった意地の悪いコメントが殺到。これにキレてアカウントの削除を示唆したジャスティンに、元恋人セレーナ・ゴメスが苛立ち「こんな状態にも対処できないのなら、恋人の写真はアップしない方がいい」などと書き込む事態になった。ジャスティンはその後、インスタグラムを停止し今も再開していない。そのジャスティンがこのほどステージに立ち、騒動の発端となったインスタグラムを「悪魔のためにあるモノ」と発言してファンを仰天させた。

今年の夏にインスタグラムの利用を停止したジャスティン・ビーバー。彼が現地時間の11月29日に英ロンドンのステージに立ち、会場を埋め尽くすファン達に向けてこう語った。

「インスタグラムってのは、悪魔のためにあるモノだ。俺はこう思うぜ。インスタグラムは地獄だって。90パーセントそうだと確信しているよ。」
「俺達は地獄へ送られ、インスタグラムのサーバーに閉じ込められちまう。俺は、ダイレクトメールに埋もれちまってる。なんとか這い出そうとしているのに、抜け出せないんだ。」

夏に起きた騒動で、インスタグラムにはウンザリしてしまった様子のジャスティン。しかしインスタグラムを含むSNSに辟易しているセレブは多く、その一部をご紹介したい。

■ハリソン・フォード
「自撮り写真は撮ったこともない! バカバカしい。“いいね!”やフォロワーの数に執着する文化って何なんだ? 最悪だな。」

■ケイト・ウィンスレット
「(SNSは)女性の自尊心に、すごく影響を与えていると思う。 他人に気に入られようと自分をデザインしているようなもの。だから摂食障害になってしまうの。そういうのって、本当に腹が立つわ。だから我が家では、誰もSNSはしていないの。」

■ジェニファー・アニストン
「(SNSがあるから)子供達はもう直接会って話すことをしないのよ。子供達がスマホばかり眺めているのをみると、悲しくなっちゃう。」

■メアリー=ケイト・オルセン
「生まれてこのかた、ずっとプライバシーを守ろうと必死だった。だからSNSをするなんて、これまでの努力とはまったく逆の行為だわ。」

パリス・ヒルトンのように「インスタグラムが一番好き」「宣伝にも使える」と割り切っているセレブも少なくないが、セレブ達のSNS離れは徐々に加速するかもしれない。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外セレブカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ジェニファー・アニストン、値札つきのコートで外出「万引きですか?」と質問される
奇術師デビッド・ブレインの超ヤバい手品を見たセレブたちのリアクションがおもしろすぎ
マッドマックスのトム・ハーディーがディカプリオとの賭けに負けて「屈辱的なタトゥー」を入れるハメに!
73歳ミック・ジャガーに第8子誕生
ブラピとの面会、息子たちが拒否か

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加