最新ランキングをチェックしよう
宿主の理にかなった逃避、寄生者にとっては「思うつぼ」 - 北大

宿主の理にかなった逃避、寄生者にとっては「思うつぼ」 - 北大

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/11/14

北海道大学(北大)は、サクラマスとその寄生者(カワシンジュガイ)を対象に調査を行った結果、「体力のある感染個体だけが逃げる」という行動をとることを発見した。しかし、この行動は、かえって寄生者の蔓延を助長することも分かった。同成果に関して研究グループは、野生動物における病気蔓延の予測への応用が期待されると説明している。

同成果は、同大 大学院農学院の照井慧 研究員(ミネソタ大学日本学術振興会海外特

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
親友からの「20万円貸して」を拒否した女性 「ありえない返事」にドン引き
育ちがいい女の子の特徴って?幼児期にしておきたい基本のしつけ
TBS・宇垣美里アナ「ついにグラビア披露」次は水着も!?
「パクリだよね」月9『絶対零度』がアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』そっくりだと話題
なぜスウェーデンでは交通事故死者の数が少ないのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加