トラック運行をスマホで管理、富士通マーケティングがシステムを開発・提供

トラック運行をスマホで管理、富士通マーケティングがシステムを開発・提供

  • レスポンス
  • 更新日:2019/01/20
No image

イメージ (AC)

もっと画像を見る
富士通マーケティングは、スマートフォンを活用した運行管理ソリューション「エンタープライズ アプリケーション AZCLOUD SaaS スマートデジタコ」を1月17日に提供開始した。

「AZCLOUD SaaS スマートデジタコ」は、走行データをデジタル式運行記録計とスマートフォンで取得し、走行データをクラウド上で一元管理し、リアルタイムな運行管理や動態管理を実現するソリューション。デジタルタコグラフにはトランストロン製「DTS-E1」を採用し、取得するデータを速度・距離・時間に限定することで、ローコストでの導入を実現する。

システムは車両1台から導入できるため、輸配送業務だけでなく、営業車を保有する幅広い顧客の業務効率化や安全対策の強化を支援するとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
最高の組み合わせ。 ワイヤレス充電器とType-C対応多機能ハブのハイブリッドが便利そう!
ゴリラガラスってどうやって作ってるの?
超軽量で急激な温度変化にも耐えられる新素材が開発される、宇宙船の断熱材などに利用可能
写真やフルHD動画が保存ができるSDカード! 今売れて売る商品は?
テック、Android6.0を搭載した4K対応ネットワークメディアプレーヤーを発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加