最新ランキングをチェックしよう
砂埃舞う瓦礫の間でも子供たちは学び続ける アフガニスタン首都カブル郊外

砂埃舞う瓦礫の間でも子供たちは学び続ける アフガニスタン首都カブル郊外

  • THE PAGE
  • 更新日:2017/08/17

撮影:高橋邦典

 半ば崩れかけた建物が並ぶ、アフガニスタンの首都カブルの郊外。乾いた砂埃の舞う空地に置かれた机を前に、子供たちが学んでいた。校舎どころか、屋根や壁さえも存在しない「青空学校」だ。隣では、瓦礫の間の狭い隙間に張られたブルーシートの下で、女の子たちが地べたに座って教科書を広げていた。 1978年に始まった内戦から、ソビエトの侵攻、さらなる内戦、そしてアメリカ主導によるNATOの侵攻と

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“故プリンスの金庫”山火事からの避難申請却下
ロンドン名物「ブラックキャブ」が電動化、Wi-Fiなど新装備も
米国から買うより日本で造るべき長距離巡航ミサイル
「陸上型イージスや巡航ミサイルを導入する日本の意図とは?」中国メディアが強い警戒感
これはいったい?海の中から噴き出す真っ赤な液体の正体を探る(カナダ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加