最新ランキングをチェックしよう
砂埃舞う瓦礫の間でも子供たちは学び続ける アフガニスタン首都カブル郊外

砂埃舞う瓦礫の間でも子供たちは学び続ける アフガニスタン首都カブル郊外

  • THE PAGE
  • 更新日:2017/08/17

撮影:高橋邦典

 半ば崩れかけた建物が並ぶ、アフガニスタンの首都カブルの郊外。乾いた砂埃の舞う空地に置かれた机を前に、子供たちが学んでいた。校舎どころか、屋根や壁さえも存在しない「青空学校」だ。隣では、瓦礫の間の狭い隙間に張られたブルーシートの下で、女の子たちが地べたに座って教科書を広げていた。 1978年に始まった内戦から、ソビエトの侵攻、さらなる内戦、そしてアメリカ主導によるNATOの侵攻と

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トロントのゲイ・コミュニティーを震撼させた連続殺人事件はなぜ止められなかったのか?
ラブドールを抱いたままミイラ化した哀れな独身男! ロシア孤独死の闇... 爆乳“自家製ガールフレンド”に抱かれながら...
悪名高きギャングが看護師を誘拐し貧しい人々に予防接種をさせるという事件(ブラジル)
超高速輸送「ハイパーループ」、インドで建設へ 数年内に試験
エジプト考古学博物館、「叫ぶミイラ」公開 ファラオ暗殺を企てた王子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加