才賀対ディラン・ウエストなど追加カード発表

才賀対ディラン・ウエストなど追加カード発表

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/11/30
No image

RIZIN無差別級トーナメント大会で新たに出場が決まった選手たち。左から榊原実行委員長、浅倉、元谷、才賀、和田、矢地、高田統括本部長

総合格闘技のRIZINは11月30日、都内で会見を開き、12月29日、同31日にさいたまスーパーアリーナで開催するRIZIN無差別級トーナメント大会の追加カードを発表した。

29日には、元谷友貴対アラン・ナシメント、浅倉カンナ対アリーシャ・ガルシア、矢地祐介対マリオ・シスムンド。31日には、才賀紀左衛門対ディラン・ウエスト。会見に出席した才賀は「体重を62キロからフライ級(58キロ)に落として、自分に合った階級で試合できる。日本人が1番面白い試合ができる、華のある階級はフライ級なので、しっかり結果残して頑張りたいと思います」と決意を話した。

現役女子高校生の浅倉カンナは総合格闘技7戦目。「今回の試合が今までの中で1番手ごわい相手。判定勝ちは考えてなくて、思い切り1本取って勝とうと思います」と話した。高田延彦統括本部長は「未来の世界の総合格闘技を背負って立つすばらしいファイターたちが29、31日にどんな戦いを見せてくれるか。今回の試合で勝ってもらいたい、スターになってほしい」と期待を寄せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日菜太「ベルト取りに行く」来年K1再参戦で誓う
K1グレゴリアンの王座返上、防衛戦オファー応じず
K1ヘビー上原誠「KOを狙う、ハイキックで倒す」
加藤善孝が2年ぶりの勝利 僅差判定で
加藤善孝2年ぶりの勝利も僅差判定で反省
  • このエントリーをはてなブックマークに追加