トランプ氏はホワイトハウスに何を飾るか?

トランプ氏はホワイトハウスに何を飾るか?

  • WSJ日本版
  • 更新日:2016/11/30
No image
No image

ドナルド・トランプ次期米大統領は、頭の中にあることを口に出したり、ツイートしたりすることで知られるが、自らの芸術的な好みについては多くを語っていない。このため、美術館、画廊や民間のコレクターらは、同氏がホワイトハウスに何を飾るのかについて憶測をあれこれ試みている。

トランプ氏とアート界との関係は複雑だ。富豪実業家としてのトランプ氏のイメージは、豪華な装飾や見た目のぜいたくさと結び付いている。だが、美術商らによれば、同氏は富裕層向けオークションや芸術品評会の常連ではない。また他の不動産開発業者のように、自らの名を冠した建物にジェフ・クーンズ氏など現代アーティストの作品を展示しているわけでもない。

トランプ氏がニューヨークに所有する1億ドルのペントハウスに関する雑誌の紹介記事によると、トランプ氏とメラニア夫人は金めっきや大理石の壁を特徴とする18世紀のフランス様式を好んでいる。ペントハウスの天井には絵が描かれているほか、ギリシャ神話のアポロやエロなどの彫刻も飾られているという。メラニア夫人の自宅オフィスには最近、フランスの画家ルノワールの代表作「桟敷席」の複製画が飾られた。1874年に発表されたこの絵のオリジナルは、ロンドンのコートールド美術館に飾られている。

作品の選択に政治的メッセージ

トランプ氏の長女であるイバンカ氏は、ニューヨークを拠点とするアートアドバイザーのアレックス・マーシャル氏と協力し、ネイト・ロウマン氏やアレックス・イズラエル氏といった新興アーティストたちの作品を収集している。

トランプ氏が大統領に就任すれば、ホワイトハウスの恒久的なコレクションの中から作品を選んだり、美術館から作品を借りたりすることができる。大統領夫妻はまた、自宅から作品を持ち込むことも可能だ。

トランプ夫妻は、自分たちが飾る作品のアーティストの市場価値に影響を及ぼす可能性がある。それと同時に、作品の選択を通じて政治的メッセージを送る可能性もある。

ビル・クリントン元大統領は黒人画家のシミー・ノックス氏の作品をホワイトハウスに飾ったことで称賛を受けた。ジョージ・W・ブッシュ前政権は、黒人のモダニスト画家ジェイコブ・ローレンス氏の作品「The Builders」を選んだことで高く評価された。ただ、その絵に描かれたのは召使いのような単純労働に携わる黒人だとして一部には批判する声もあった。

ホワイトハウスのために芸術品の保存や購入を行っている非営利団体「ホワイトハウス・ヒストリカル協会」の広報担当者によると、新任の大統領は通常、就任後1年で上階の居住スペースや執務室の装飾を変える。議会はこのための予算として、10万ドル(約1120万円)を用意しているという。

一部の作品はそのままホワイトハウスに飾られ続ける。過去の歴代大統領も、自らの政治的傾向にかかわらず、それらを飾っていたからだ。

党派を超えて好まれている絵画には、ギルバート・スチュワート氏が1795年に描いた初代大統領ジョージ・ワシントンの肖像画(イーストルームに飾られている)や、ジョージ・P・A・ヒーリー氏が1869年に描いた第16代大統領エイブラハム・リンカーンの肖像画(ステート・ダイニングルームの暖炉の上に飾られている)などだ。

現職のオバマ大統領夫妻は、大胆で抽象的な作品を選んだ。例えばグレン・リゴン氏の作品などだ。夫妻が選択したそれらの作品は、ホワイトハウスの公室に飾られている19世紀の静物や牧歌的風景を描いた作品とは大きくかけ離れている。

アルマ・トーマス氏の絵は2年前、ホワイトハウスのコレクションに加わった初の黒人女性アーティストの作品になった。ミシェル夫人がヒストリカル協会にトマース氏の絵画「Resurrection」の購入を要請したからだ。これは虹のような色彩で、ダーツなどの標的を想起させる絵画だ。同協会の広報担当者は、「オバマ夫妻は現代的な美を持ち込んだ」と述べている。

ニューヨークのハーシュル・アンド・アドラー・ギャラリーズで高級アンティークやクラシック絵画を販売するエリザベス・フェルド氏は、トランプ氏が「自らを力強く見せる」作品を飾ることで、大統領らしさを出そうとするだろうと語っている。例えば、ワシを描いた作品や、米国の建国の父とされるベンジャミン・フランクリンやトーマス・ジェファーソンなど描いた作品だ。

ニューヨークで欧州の古典絵画を販売するアダム・ウィリアムズ氏は、トランプ氏は実物より複製画を飾る傾向があると指摘。そのうで、大統領になったらオリジナルを飾ってくれるよう期待していると語る。「ホワイトハウス執務室の壁にクーンズ(現代アーティスト)は似合わない。落ち着いていて、癒やされるものが良いだろう」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
榮倉奈々『タラレバ娘』で結婚後初ドラマ 「一生懸命、演じたい」
問題動画流出のJKTメンバー、卒業→急転解雇
大型トラックにはねられ小2死亡 「79歳のアルバイト」に同情する人も
最近の若い子...ヤバいっ!年下から教わった「新しいエッチ」2つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加