フッ。これが俺の隠れ家......シックな内装のキャンピングトレーラーなんだぜ......

フッ。これが俺の隠れ家......シックな内装のキャンピングトレーラーなんだぜ......

  • DIGIMONO!
  • 更新日:2017/09/18
No image

掲載:DIGIMONO!

カッコいい隠れ家でしかもトレーラー。男なら絶対欲しいやつ。
キャンピングトレーラーといえば大型の車両で内装は明るいファミリー向け、というのが定番でしたが、こういうアプローチの方が好きな男性は多いかもしれません。アメリカのテネシー州をベースに活動している「Wind River Tiny Homes」は、男心を満足させてくれそうな隠れ家風のキャンピングトレーラー『the rook』を販売しています。

【詳細】他の写真はこちら

標準的な構成なら8万5000ドル(約940万円)、ライトや家電などを装備した状態では10万ドル(約1100万円)と、なかなかにラグジュアリーなお値段です。

心落ち着く車内空間

内装は木材やレンガを組み合わせたシックなもので、ダーク系のカラーでまとめられています。まるでお気に入りのガレージのような、どこか心落ち着く雰囲気がなんともいえません。

壁面に備え付けられた、ロフトへと上がる無機質な階段もなんともよし! こんなセカンドハウスがあったら、一生家に帰りたくなくなるかも?

男の料理を楽しめそうなキッチンに、少年心くすぐるロフト

キッチンはこれまたシックかつ趣味の良いビンテージ調に仕上げられており、シンクや4つ口のコンロが備え付けられていて実用性も十分。もちろん車内にはトイレやシャワーも設置されています。

ロフト部分には小型洗濯機までビルドイン。こういうモノがギュッと詰め込まれた雰囲気って、いいですよね~。

一度は住んでみたいキャンピングトレーラー

DIGIMONO!では、これまでさまざまなキャンピングトレーラーをご紹介してきましたが、今回の『the rook』は雰囲気作りのうまさもあって、本当に住んでみたいと思わせる力作でした。「Wind River Tiny Homes」によれば、構成次第で車両価格を6万2000ドル(約680万円)程度にまで抑えられるとのことなので、どうしてもこのキャンピングトレーラーを入手してみたくなっちゃった方は、ぜひコンタクトを取ってみましょう。

文/塚本直樹

関連サイト
『the rook』製品情報サイト(英語)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「これってネズミ講みたいなものですよね?」「...心が痛みます」苦悩する女性行員に思う
飲食店経営に手を出して地獄を見る人の「三つの共通点」
知ってた!?「九九の9の段」に隠された驚くべき秘密
使うのは両手だけ...「耳鳴り」をその場で治すテクニックが見つかる
ひとりエッチ好き女子が「密かにエッチな気分になっちゃう」お店4つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加