[関西U-16~Groeien~]東大阪大柏原が四中工を1-0撃破。最終節で待望の初勝利

[関西U-16~Groeien~]東大阪大柏原が四中工を1-0撃破。最終節で待望の初勝利

  • ゲキサカ
  • 更新日:2019/08/25
No image

[8.23 関西U-16~Groeien~G2第9節 四日市中央工高 0-1 東大阪大柏原高 伊勢フットボールヴィレッジ]

「関西U-16~Groeien~2019」は23日に最終節を行い、G2リーグの四日市中央工高(三重)対東大阪大柏原高(大阪)戦は、東大阪大柏原が1-0で勝利した。

東大阪大柏原は前半16分にキープ力高い10番FW勝又零斗が先制ゴール。四中工はいずれもG2リーグで得点王争いを演じたFW服部祥太とFW服部勢羽中心に反撃する。

特に試合終盤は中央、サイドから次々とゴール前にボールを入れていたが、東大阪大柏原は181cmGK内田翔やDF初田楽、DF山下大豪中心に我慢強い守備。逆に2点目を狙い続けるなど最後まで集中した戦いを見せて勝ち切った。

昨年、G1リーグで戦っていた東大阪大柏原は最終節で待望の初勝利(2分6敗)。同じく、昨年までG1リーグで戦っていた四中工は終盤戦で3連敗を喫し、3勝6敗の8位でリーグ戦を終えている。

(文 吉田太郎)▼関連リンク

関西U-16~Groeien~2019特集ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
今季リーグ初先発の川崎F新井、7戦ぶり勝利へ示した「今、チームに足りないもの」
【ACL展望】浦和×上海上港|1-1以下の引き分けで突破決定も...興梠は警鐘を鳴らす
CB出場続く川崎F山村和也、勝利呼ぶ移籍後初ゴール「勝つしかなかった」
ドリブラーから華麗に変身。38歳・松井大輔がボランチで新境地
鹿島FW相馬「勝たせる1ピースに」初ACLに照準
  • このエントリーをはてなブックマークに追加