盛岡大付4年ぶり4度目センバツ当確、逆転で決めた

盛岡大付4年ぶり4度目センバツ当確、逆転で決めた

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/18
No image

接戦を制して決勝に進んだ盛岡大付・比嘉(右)は、笑顔でナインとタッチして整列に向かう

<高校野球秋季東北大会:盛岡大付5-4酒田南>◇18日◇準決勝◇荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた

盛岡大付(岩手1位)が逆転勝ちで決勝に進み、4年ぶり4度目のセンバツ出場を当確にした。

1点を追う6回に代打・須藤颯(2年)の左翼線への二塁打で同点とし、7回は捕逸で勝ち越し、犠飛で追加点を奪った。6回から2番手で登板した右腕の平松竜也(2年)が9回に1点差に迫られたが、一打同点のピンチをしのいだ。関口清治監督(39)は「選手が粘り強く戦ってくれた」と、ねぎらった。

昨秋の東北大会は準決勝で青森山田(青森3位)に敗れ、センバツを逃した。関口監督は「去年は準決勝で勝とうとして空回りした。今年は優勝しようと、言ってきた」と甲子園のかかる大事な一戦を通過点と捉え、接戦をモノにした。

3安打1打点2盗塁と活躍した、主将の比嘉賢伸内野手(2年)は「優勝を目指している。岩手勢は明治神宮大会に出たことがないので」と言葉に力を込めた。19日の仙台育英(宮城1位)との決勝で初優勝をかけ、明治神宮大会(11月11日~、神宮)出場を狙う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東の清宮、西の安田だけではない 来春選抜注目の東西1年生好打者は?
聖カタリナ学園高等学校(愛媛)「課題を詰めて『躍進』から『結果』へ」【後編】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加