欅坂46平手友梨奈、平井堅とコラボステージで迫真のダンス披露「鳥肌立った」「ゾクゾクした」と反響<2017FNS歌謡祭>

欅坂46平手友梨奈、平井堅とコラボステージで迫真のダンス披露「鳥肌立った」「ゾクゾクした」と反響<2017FNS歌謡祭>

  • モデルプレス
  • 更新日:2017/12/07

【平手友梨奈/モデルプレス=12月7日】欅坂46平手友梨奈が、6日にフジテレビで生放送された「2017FNS歌謡祭」(午後7時~午後11時28分)でアーティストの平井堅とコラボステージを披露。圧巻のダンスに注目が集まった。

No image

(写真 : ソロダンスを披露した平手友梨奈 (C)モデルプレス)

欅坂46にいとうあさこが紛れ込む キレキレダンスの再コラボに反響「馴染みすぎ」

◆平手友梨奈×平井堅、コラボステージ

平手は、平井が歌う「ノンフィクション」に合わせて、ソロダンスを披露。同曲は平井が亡き友人を思い作詞したもので、複雑な感情が入り混じる世界観の楽曲。振付は新進気鋭のダンサーRuiの所属するCRE8BOYが担当した。

◆平手友梨奈が迫真のパフォーマンスを披露

曲の始まり、平手は制服姿で机に伏せて登場。無心の表情で紙を破り続け、カバンに詰め込んでいく。立ち上がった平手は呆然と前へ進み、葛藤を描くようなダンスを見せた。

サビでは、力強さの中にも脱力感を覗かせた、全身を使ったダンスを披露。そしてラストスパートでは、鞄に詰め込まれた紙を勢いよく宙に舞い上げ、自らも鞄を被った。なだれ落ちる紙吹雪を浴びながら、まるで泣き叫んでいるような、もしくは狂気にも感じる笑みを浮かべているような迫真の演技を見せ、倒れ込んだ。

◆表現力の高さに圧巻

デビュー曲「サイレントマジョリティー」から新曲「風に吹かれても」まで、演劇的で物語性のあるダンスパフォーマンスが魅力の1つでもある欅坂46

今回平手が見せた、憑依型ともいえる圧巻のパフォーマンスにネット上では「平手さんの表現力、素晴らしかった」「鬼気迫るダンス最高でした」「引き込まれすぎて鳥肌立ってしまった…」「本当に今の時代の天才」「こんな表現力高いアイドルなかなかいないと感じた」「感動した…」「平手友梨奈の圧倒的存在感」「何回見てもゾクゾクする」などの声が上がっていた。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『イッテQ』みやぞん異例のリタイア 番組スタッフの言動に批判殺到
お笑い芸人、グラビア、イケメン俳優......テレビ業界人が暴露「1年もたずに消えた芸能人」
高橋ジョージ“雪解け”期待...元妻・三船美佳が4年ぶり“帰宅”
将来を嘱望された有望ダンサーの“転落人生”......強制わいせつ逮捕!東京バレエ団・入戸野伊織容疑者の素顔
滝沢カレン、Hey! Say! JUMP有岡大貴に話題の“四字熟語あだ名”命名「的を得すぎ」「天才」と反響多数でトレンド入り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加