宇多田ヒカル、“過剰運動症候群”と公表 「36歳になるまで気づかなかった」

宇多田ヒカル、“過剰運動症候群”と公表 「36歳になるまで気づかなかった」

  • しらべぇ
  • 更新日:2019/05/23

シンガーソングライターの宇多田ヒカルが23日、自身のツイッターを更新。整骨院で「過剰運動症候群」であると診断されたことを公表した。

■「36になるまで気づかなかった」

最近よく筋肉を痛めるという自覚症状から、整骨院へ行ったという宇多田。そこで、「過剰運動症候群」と診断されたことを明かした。

「なんで36になるまで気づかなかったんや…」と、少々困惑しつつも、筋肉を痛めやすい人は、自分と同じ症状の可能性があることを周知。

続けて、「あ、病気とかじゃないよ! ただ関節が普通より柔らかいってだけね!」と、深刻な症状ではないことを説明し、ファンを気遣った。

よく筋肉痛めるなあと思って整骨院行ったら見事な過剰運動症候群だって言われた、なんで36になるまで気づかなかったんや…子供の頃からやたら体柔らかくて筋肉痛めやすい人はこれの可能性高いかも
— 宇多田ヒカル (@utadahikaru)
May 22, 2019
from Twitter

■過剰運動症候群とは

今回、宇多田が公表した「過剰運動症候群」。あまり聞き慣れないが、公益財団法人難病医学研究財団が運営する「難病情報センター」のホームページによると、「全身の複数関節に過可動性をきたす症候群で、変形や不安定性による機能障害をきたす」のだそう。

現在正確な罹患率も不明とされており、まだ詳しいことは解明されていないようだ。

■「ご自愛ください」応援メッセージも

この宇多田のツイートに対し、ファンからは多くの応援のコメントが寄せられている。

「ひかるちゃん、無理は禁物、自分1人の体じゃないからね!」

「そのような症候群あるんですね!  自分自身について大人になってから気づくことがまだまだ沢山ですね」

「お身体ご自愛くださいませ」

「過剰運動症候群? 初めて聞く単語だ。もっと早く分かってたら、って思うことよくあるよね。今分かってよかったね」

聞き慣れない症状の名前に、「初めて知りました」や「今分かってよかった」などの声も。また「原因が特定できてよかった」などの前向きなコメントも多数寄せられている。

宇多田本人は「病気ではない」としているが、自分の身体と相談しながら、活動を続けていってほしい。

・合わせて読みたい→ときには死に至ることも…「睡眠時無呼吸症候群」を誘発しやすい危ない寝方3例

(文/しらべぇ編集部・こむぎこ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
これは一般ドライバーも覚えておくべき!大型トラックがトンネルで前に車間距離を大きく取っていても入り込まないで欲しい理由に納得!
20代女性がバスルームで不慮の事故死 原因は誰もが日常的に使うアイテムだった
緊急入院の14歳少女 胃から肛門までタピオカ100個発見!中国・浙江省
梅雨が明けたら夏到来!お酒の席で絶対にNGな話題とは?
インスタがざわつく美女“Kirari”の素顔――甘カワなイメージ覆すギャップがすごかった<モデルプレスインタビュー>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加