FA宣言期間終了 大和、増井らが行使表明 平野、涌井はメジャー挑戦

FA宣言期間終了 大和、増井らが行使表明 平野、涌井はメジャー挑戦

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/14

プロ野球のフリーエージェント(FA)権行使の宣言期間が14日で終了し、この日は日本ハムの増井浩俊投手、西武の野上亮磨投手が権利行使を表明した。

No image

FA行使を表明し、取材に応じる増井

オリックスの平野佳寿投手とロッテの涌井秀章投手がFAでメジャー挑戦を目指し、阪神の大和内野手、日本ハムの大野奨太捕手、ソフトバンクの鶴岡慎也捕手は他球団への移籍を視野に権利を行使。

増井は巨人などが注視、大和はオリックスやDeNAと交渉するものと見られる。大野には中日が興味を示している。15日にFA宣言選手として公示され、16日から交渉が可能となる。

また、西武の牧田和久投手は今季取得した国内FA権は使わず、ポスティングシステムでの大リーグ移籍を希望している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
番長、大魔神、マシンガン打線...ハマスタ伝説甦る
かつての大谷翔平のライバル...藤浪晋太郎は再生できるか
女性に乱暴容疑で逮捕された元阪神タイガース選手に球界衝撃
NMB48山本彩に野球について聞いてみた 野球にハマったきっかけは?さや姉熱弁の“おすすめ&注目選手”は?<インタビュー>
FA増井、監督出馬のオリに「熱意感じる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加