インテルのイカルディ自伝に不適切表現あり罰金処分

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/19

インテルミラノは主将のFWマウロ・イカルディ(23)に対して自伝に記された内容に不適切な部分があったとして罰金処分を科すことを発表した。

自伝の中で「試合後、少年にユニホームをプレゼントしたが、ウルトラスに奪われ投げ返された」「ウルトラスを殺す」など、熱狂的なサポーター“ウルトラス”への批判を記した。これに激怒したサポーターは16日のカリャリ戦でイカルディを侮辱する横断幕を掲げていた。同選手は「このような形でファンを巻き込んでしまい、申し訳ない」と謝罪した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FIFA男子最優秀選手の最終候補3名発表...C・ロナ、グリーズマン、メッシがリスト入り
F1総合王者ロズベルクがフェースブックで引退表明
イニエスタ、クラシコ出場へ! 医師から完治通告、招集可能とバルサが発表
FIFA男子最優秀監督賞の最終候補が発表 ラニエリ、ジダン、サントスの3名
夢は弁護士や医者...一転してサッカー選手に。ムヒタリアンの運命変えた出来事とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加