セレナ・ウイリアムズが肩の故障のためWTAファイナルズを欠場

セレナ・ウイリアムズが肩の故障のためWTAファイナルズを欠場

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2016/10/19
No image

セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が肩の故障を理由に、トップ8によるシーズン末のWTAファイナルズ(10月23~30日/シンガポール)を欠場することになった。
WTAは、大会が始まる一週間前に、セレナ自身からのビデオを公開する形でこの欠場を発表した。ビデオの中でセレナは、大会に出られないことに「心底落ち込んでいる」と話し、主治医が「肩の治癒に専念するよう強く主張している」と説明した。  35歳のセレナはまた、今シーズンを「私にとって、本当に厳しいシーズンだった」と言い添えた。  セレナは、9月初めの全米オープン準決勝でカロリーヌ・プリスコバ(チェコ)に敗れて以来、プレーをしていない。この敗戦でセレナは、3年半にわたり維持してきた世界ランキング1位の座をアンジェリック・ケルバー(ドイツ)に譲ることになった。  セレナは、2016年シーズンはわずか8大会でしかプレーしておらず、7月のウィンブルドンを含む2大会で優勝。2015年シーズンは11大会でプレーし、全豪、全仏、ウィンブルドン優勝を含む5大会で優勝していた。
昨年のWTAファイナルズはアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)が優勝。セレナは昨年も欠場しており、欠場の理由は、故障の多かった身体と、心の健康を取り戻すためとしていた。(C)AP(テニスマガジン)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
錦織 地獄トレ「ブルーになる」
錦織出場中の「IPTL」資金繰り苦しく存続危機
錦織打ち納め プロ転向10年の来季もトップ5以上
ベテラン勢の頑張りでUAEロイヤルズが日本ラウンド1位に [Coca-Cola IPTL]
錦織とキリオスが見せた極上のエンターテインメント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加