普天間騒音訴訟 控訴審も国に賠償命令

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/12/01

沖縄のアメリカ軍普天間基地の周辺住民らが、航空機の騒音による被害の賠償を求めた裁判の控訴審で、福岡高裁は一審に続き、国に賠償を命じた。

この裁判は、普天間基地を抱える宜野湾市民ら約2200人が、アメリカ軍機による騒音で日常生活や睡眠を妨害されたとして、国に対し、騒音の程度に応じて原告一人あたり一日200円から400円の損害賠償を求めていたもの。

1日の控訴審判決で福岡高裁那覇支部は、一審と同様に騒音による精神的苦痛を認定し、一人あたり一日150円から300円、総額約9億5000万円の賠償を国に命じた。

普天間基地の騒音を巡っては、別の住民らが起こした訴訟でも、先月、那覇地裁沖縄支部で、国に賠償を命じる判決が出されている。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
タクシーがワゴン車に衝突、歩行者の女性はねられ死亡
外出危険...北は大雪吹雪に注意
USJ到着後 客乗せ待機中のバスから出火
千葉大医学生も! 有名大で強制わいせつ・強姦事件が続出〜被害者の「セカンドレイプ」を防ぐには
ノロなどの感染性胃腸炎患者 10年で2番
  • このエントリーをはてなブックマークに追加