千葉MF瀬戸口が決勝弾「みんなで取ったゴール」

千葉MF瀬戸口が決勝弾「みんなで取ったゴール」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15
No image

後半ロスタイム、決勝ゴールを決め喜ぶ千葉MF瀬戸口(右から3人目)(撮影・狩俣裕三)

<なでしこリーグ杯:千葉1-0浦和>◇決勝◇12日◇東京・味の素フィールド西が丘

ジェフユナイテッド市原・千葉レディースを初優勝に導く決勝点は、MF瀬戸口梢(25)が決めた。

後半ロスタイムも2分近くが経過。中央左寄りに切り込むと「最後のプレーだと思い、シュートを打たなかったら後悔する」と、左足を振り抜いた。ゴール右隅に決まったのを見届けると、チームメートと歓喜の輪をつくった。約2分後に試合終了のホイッスルを聞き届けると、再び喜びを爆発させた。

度重なる悔しさが、この日にかける強い思いとなった。昨年、初めてコマを進めた決勝で、日テレに0-4と大敗した。瀬戸口は「決勝で0-4は、やってはいけないこと」と話す。決勝に進む前に破ってきたチームの思いも、応援し続けてくれたサポーターの思いも、裏切ってしまったような気持ちが残った。この日の決勝で当たった浦和レッズレディースは、今季リーグ戦で敗れた悔しさを味わわされた相手でもあった。そんな中で迎えた決勝点の場面を振り返った瀬戸口は「あそこまで走るのもきつかったけど、カバーに備えてくれた選手もいたし、こぼれ球に備えて詰めてくれていた選手もいた。みんなで取ったゴール」と、かみしめながら話した。

これまでは皇后杯全日本女子選手権でも2012年の準優勝が最高成績で、1部リーグでは例年、優勝争いに絡めず、今季も10チーム中6位に位置している。瀬戸口は「初めてのタイトルの勢いをリーグ戦にもつなげていきたい」と、リーグ戦での今後の巻き返しを誓っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FC東京の中島がポルトガル1部移籍 結婚も発表
川崎F小林悠2発「次をしっかりと勝つことだけ」
【浦和】新体制初の先発抜擢、矢島慎也が「一人二役」で掴んだ収穫と課題
「いつも通り」が好調の証...抜群の存在感を示し始めたMF家長昭博
【意地の一撃】浦和のナンバー9、武藤雄樹が語る「綱渡り」のスリリング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加