函館・七飯の山頂レストラン「ピークカフェ」で天空ランチ&ディナーを

函館・七飯の山頂レストラン「ピークカフェ」で天空ランチ&ディナーを

  • LINEトラベルjp
  • 更新日:2019/08/14
No image

函館・七飯の山頂レストラン「ピークカフェ」で天空ランチ&ディナーを

「ニセコ並みのパウダースノー」とスキーヤーに絶賛される函館七飯スノーパーク。スキーができない夏季でも、様々なアクティビティが充実した施設として話題を集めています。特に、北海道最長のゴンドラで行く940mの山頂にあるレストラン「ピークカフェ」でのサンセットディナーは格別。運が良ければ雲海を望む神秘的な景色も楽しめます。

函館七飯ゴンドラは絶景の宝庫!

No image

写真:猫田 しげる

全長3319m、道内最長の「函館七飯ゴンドラ」。スキーシーズンの冬季だけではなく、4~11月も毎日運行しており、7月、8月はサンセット・ナイトゴンドラも予約で利用可能。何と言っても標高940mの山頂からの眺望は素晴らしく、正面に駒ケ岳、左手に大沼、右手には噴火湾を望み、晴れた日にはニセコ連峰や羊蹄山まで見渡せます。

No image

写真:函館七飯ゴンドラ

頂上には散策路が設けられ、「見晴らしの丘」「山の広場」「展望の丘」「紅葉の谷」など東西南北すべての方角それぞれの絶景を見渡せる展望台を巡りながら歩くことができます。

No image

写真:函館七飯ゴンドラ

ゴンドラは片道1200円、往復1800円。すこし高いと思われる方も、一度乗ってみたら納得です!雄大な駒ケ岳と大沼を眺めながらの天空散歩、周りは見渡す限りの森林と広い空。北海道らしい大地と青々とした山々を眺めながら、空をかけるようにゴンドラで上がっていく爽快感はかつて味わったことのない感動です。紅葉の時期はどこまでも続く赤と黄の絨毯に目を見張ります。

山頂の「ピークカフェ」で絶景と美食を満喫

No image

写真:函館七飯ゴンドラ

ゴンドラ乗降場すぐにある「ピークカフェ」は、全面ガラス張りのお洒落なカフェレストラン。目前に駒ケ岳を望むことができ、晴れた日はデッキでの食事も楽しめます。
2018年には「恋人の聖地」にも選ばれ、「ピークベル」(幸せの鐘)も設置。駒ケ岳に見守られながら恋人同士でピークベルを鳴らしてみてはいかがでしょう。

No image

写真:猫田 しげる

「ピークカフェ」で腕を振るう“シェフK”は、決して表には出ませんが、40年以上のフレンチ経験を積んだ実力派調理人。自ら素材の目利きをし、調味料ひとつ手を抜かずにすべて自分の手で作っています。ひこま豚のカレーライスコロッケ800円、自家製MIXピザ1200円などがあり、オススメは写真のおまかせプレートランチA1500円。

No image

写真:猫田 しげる

おまかせプレートランチA1500円は駒ケ岳豚のソテーをメインに、サーモンフライ、ラタトゥイユ、ライス、スープなどがセットです。これにデザート&コーヒーがついたランチB2000円もあります。

沈む夕日、雲海の中でフルコースを。「サンセットディナー」

写真:猫田 しげる

「ピークカフェ」で7、8月のみ開催している「サンセットディナー」(ゴンドラ往復運賃込みで6500円)は、夕日の沈む頃にゴンドラで山頂に上り、夕日が落ちゆく駒ケ岳を望みながらディナーを味わうプラン。940mの澄んだ空気の中、雄大な駒ケ岳の背が茜色に染まる天空の中でいただく料理は何にも代えがたい感動です。
また、運が良ければ写真のような雲海が広がる時も。神秘の光景の中でコース料理を味わうなんて最高ですね!

No image

写真:猫田 しげる

ディナーは、前菜盛り合わせ、スープ、パン、肉料理、魚料理、デザート盛り合わせ、コーヒーのフルコース。内容は季節によって変わりますが、大沼牛や駒ケ岳牛など地元の素材に極力こだわっています。

No image

写真:猫田 しげる

前菜はホタテのレタス包み、牛肉の香草焼き、ラタトゥイユのサバイヨンソース、パルメザンチーズのせんべいの盛り合わせです。ケッパーを効かせたトマトソース、フレッシュバジルとチーズを使った香草ソースなど、素材の持ち味を引き出すソース使いが実に巧みです。

メインからデザートまでクオリティの高さに驚き!

No image

写真:猫田 しげる

メインの魚料理は、サーモンのポワレ アメリケーヌソース。塩気を抑えたサーモンに濃厚なエビの旨みが際立つアメリケーヌソースを絡めていただくと、お皿のソースを一滴も残さず食べてしまう美味しさです。

No image

写真:猫田 しげる

そしてメインの肉料理。鴨のグリルですが、厚切りの鴨肉を中は程よくレアに焼き上げるテクニックはさすがです。添えられたバルサミコソースにはデミグラスを加えており、甘さとコクが深まっています。

No image

写真:猫田 しげる

デザート盛り合わせは、ガトーショコラ、キャラメルのアイス、ゴマのチュイールの生クリームサンド。一つ一つ丁寧に手作りし、そのクオリティはパティシエ顔負けです。
さりげなく添えられているオレンジのお菓子は、オレンジにシロップをかけて2時間空焼きにしたもの。シンプルながらパリパリと軽やかな食感で、このオレンジ一つにも技術と知識の高さがうかがえます。
※コースの料理内容は季節やその日の仕入れによって変わります。

雨でも諦めずに!まずはゴンドラで登ってみよう

No image

写真:猫田 しげる

山の天気は変わりやすく、一つ注意したいのは「麓と山頂の天候は全然違う」ということ。麓が晴れていても頂上は霧だったり、逆に麓が雨でも山頂が晴れていたりします。つまり、麓がどんな天気であろうとまずはゴンドラで登ってみることをオススメします。

No image

写真:猫田 しげる

夕暮れでも霧でも美しい940mの山頂からの景色。そんな中でワインを傾ける幸せな時間は、ここ七飯でしか味わえません。

No image

写真:猫田 しげる

雲海の狙い目は春と秋ですが、夏でも温度差の大きい日は雲海が現れます。

函館に行かれた際は、ぜひ七飯まで足を伸ばしてゴンドラに乗ってみてください。新函館北斗駅から無料送迎バスが出ているので、アクセスも心配ありません。ピークカフェのサンセットディナーは8月いっぱいまでなので、お早めに!

函館七飯ゴンドラの基本情報

住所:北海道亀田郡七飯町東大沼666
電話番号:0138-67-3355
ゴンドラ料金:大人[高校生以上]1,800円 子供1,000円
営業時間:9:00~16:00
上り最終乗車:15:30
下り最終乗車:16:00
※新幹線新函館北斗駅から無料シャトルバスあり

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

関連MEMO

函館七飯ゴンドラ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
横浜駅周辺で本当にオススメのイタリア料理を味わえるお店
タピオカドリンク、モス・フレッシュネス・プロントを飲み比べ。並ばずOKだけどお味は?
休日は気軽に飲めて旨い店が最高だ!都内で味わえる絶品ホルモンの名店6選
いくつ知ってる?口コミ評価の高いハンバーガーの名店100選
低糖質ピザ専門店「SONOBON」誕生! 1食あたり糖質約9gの生地を実現
  • このエントリーをはてなブックマークに追加