やせたいけどアイスを食べたい!太らない食べ方のコツ3つ?

やせたいけどアイスを食べたい!太らない食べ方のコツ3つ?

  • 美LAB.
  • 更新日:2017/08/15
No image

夏はやっぱりアイスを食べたい!太らない食べ方のコツは・・・

今年も暑い日が続いていますね。「こんな日は冷たいアイスを楽しみたい!でも、ダイエットは成功させたい・・・」甘くて美味しい“太りやすい”と言われるアイスでも、工夫次第で太りにくくすることが可能です。ダイエットの成功と両立させる、アイスの食べ方のコツをご紹介します。

食べるアイスの選び方を工夫!

なるべく太りにくいアイスを選びたいという場合は、脂肪分やカロリーの表示をチェック。濃厚なアイスクリームやアイスミルク、ラクトアイスなどは糖質も脂質も豊富で、高カロリーです。一方で、シャーベット系やかき氷、氷菓などの氷が主役のものは、それだけ糖質や脂質を抑えることができます。アイスを選ぶ場合は、クリーミーなものよりも氷系のものを選びましょう。それだけでぐっと摂取カロリーを少なくすることができます。

No image

食べるアイスの量を工夫!

太りたくはないけれど、クリーミーなアイスや濃厚なアイスを食べたい!そんな場合は、「量」を工夫しましょう。バラ売りのアイスよりも、6個入りなどの箱に入ったタイプの方が、1つひとつが小さく低カロリーに抑えることができます。大きさが小さいぶん、ひと口を大切に食べるのがポイント。ゆっくりと食べることで満足感がアップします。

コーン・モナカVSカップ?

アイスの形状にも注目。モナカやコーンは、それだけ糖質の摂取を増やしてしまいます。選ぶ場合は、モナカやコーンがあるものよりも、アイスだけのものを選ぶと良いでしょう。ただし、コーンがあることでアイスの量が少なくなる場合など、バランスによってはコーンやモナカつきの方が良いケースも。モナカでない方を選んだが、かなりボリュームのあるアイスになってしまった!という本末転倒な事態にならないよう、全体の大きさやバランスを見て判断しましょう。

No image

アイスでも、食べ方次第で太りにくくすることが可能です。ぜひ、夏のアイスを楽しみながらスリムボディを実現しましょう。

Nao Kiyota美容・健康ライター提供記事をもっと読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【奈良】毎朝危険運転で目撃されるという車がヤバい。。道交法を完全無視
坂口杏里、ラウンジNo.1獲得でさっそく美容整形に150万ぶっこみ?
"陰毛の電動トリマー"ヒットを生んだ演出
「牛乳石鹸」広告が炎上、「もう買わない」の声 「意味不明」「ただただ不快」批判殺到
人には言えない「ひとりエッチしてる率」を調査 2、30代女性は3割が...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加