稀勢の里が金星献上「明日は明日」3横綱で最初に土

稀勢の里が金星献上「明日は明日」3横綱で最初に土

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/09/14
No image

千代大龍に破れ土俵を後にする稀勢の里(撮影・河田真司)

<大相撲秋場所>◇6日目◇14日◇東京・両国国技館

8場所連続休場から復活を目指す横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)が、今場所初黒星を喫した。

西前頭2枚目の千代大龍に、立ち合い直後にいなされ、横向きに土俵下まで押し出された。5日目までは何度も窮地に立たされながら辛勝してきたが、ついに連勝を止められ、3横綱で最初に土がついた。取組後は「明日は明日で。また、やっていきたいですね」と、千代大龍と同じ九重部屋所属で、東前頭4枚目千代の国の挑戦を受ける7日目を見据えていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
御嶽海意地の勝ち越し、優勝争いの高安を逆転で下す
白鵬、二重の喜び=幕内1000勝で決める-大相撲秋場所
栃ノ心、かど番を脱出して号泣「稽古ができず自信をなくしていた」
横綱白鵬復活 幕内1000勝&41度目V同時達成
豊ノ島、2年ぶり十両復帰確実も「ここからがスタート」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加