さんま「アミダばばあの唄」発売がキャラ終了後になった理由明かす

さんま「アミダばばあの唄」発売がキャラ終了後になった理由明かす

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/12
No image

明石家さんま

タレント・明石家さんまが、11日放送のMBSラジオ「MBSヤングタウン 土曜日」(土曜、後10・00)に出演。かつてフジテレビ系「オレたちひょうきん族」で扮したキャラ「アミダばばあ」をテーマにした楽曲「アミダばばあの唄」の発売が、番組にキャラが登場しなくなってからの時期となってしまった理由を明かした。

さんまは、「ひょうきん族」でアミダばばあに扮し「あみだくじ~」と歌った部分は、番組での自身のアドリブだったと明かした。それを桑田佳祐に依頼して楽曲化することになった際に、さんまは「あみだくじ~」の部分は残してほしいと要望したという。

こうして楽曲は完成したが、さんまは「どうしても曲って、何かに似てるということもある。ないと思ってても、どこかで聞いたものが脳に残ってる可能性もある」と説明。

桑田が作った部分は問題ないが、自身がアドリブで歌った部分が「どっかであるんじゃないか。どっかの県の民謡や童謡にあるんじゃないか」との懸念が解消されず、それを確認するために半年を要したという。

さんまは「もし引っかかったらレコードも発売できなくなるから。結局、発売されたのは、番組でキャラが終わってからやった」と回顧。30万枚売れた曲について「頼むのが遅かったのもあるんやけど、もし、アミダばばあをやってる最中に曲をぶち込めてたら、100万枚、行ってたと思うねん」と残念がり、「大変なのよ、ああいうもんて」と語っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
広瀬すず、“流出騒動”の被害に! 1月期『anone』主演決定の裏で「事務所が大激怒」
『チェンクロ3』第3部開放1周年を記念した復刻レジェンドフェスの開催が決定!記念生放送も
小田和正が贈る恒例ライブ番組『クリスマスの約束』今年も放送
『ドクターX』陣内孝則メイン回に、予告時点でクレーム噴出!! 再び「20%割れ」の危機?
イッテQ、まさかの「ドクターXコラボ」に視聴者大喜び!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加