サムスンの「ノート7」、機内持ち込み禁止の国が増加、全世界に拡大へ―英メディア

サムスンの「ノート7」、機内持ち込み禁止の国が増加、全世界に拡大へ―英メディア

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2016/10/19
No image

17日、英BBCによると、韓国サムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーノート7」発火事故を受け、世界の多くの航空会社が機内への持ち込みを禁止している。写真は中国民航局の通達。

2016年10月17日、英BBCによると、韓国サムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーノート7」発火事故を受け、世界の多くの航空会社が機内への持ち込みを禁止している。環球時報(電子版)が伝えた。

オーストラリア、アジア、欧州の航空各社は16日、「ノート7」の機内持ち込みを禁じると発表した。米連邦航空局(FAA)がこのほど、機内持ち込みを禁止するを発表したのを受け、日本の国土交通省も17日までに、国内航空会社に対して持ち込みを禁じるよう通達した。

ドイツのエア・ベルリン、香港のキャセイパシフィック航空、オーストラリアのヴァージン・オーストラリア航空も同様の措置を講じた。豪カンタス航空と傘下の格安航空会社・ジェットスターは「機内持ち込み、預け荷物へ入れることを禁じる」と発表した。独ルフトハンザ航空は米国線への持ち込みを禁止。今後対象を全路線に拡大するとしている。

アジアではシンガポール航空、傘下の格安航空会社スクート、タイガー・エア、中国民航局も持ち込みを禁じた。(翻訳・編集/大宮)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
正体不明の“ゼリーモンスター”が米海岸に大量出現→砂浜で暴れる→翌日完全消失! 理学博士がトカナに緊急コメント
15人の兵士が女性を輪姦...日本人だけが知らない南スーダンの惨状
なぜ...無資格で中絶手術、6日後に新妻死亡
ビーバーが店に侵入。クリスマスツリーを伐採しにきたのか?っていう事案発生(アメリカ)
ソロモン諸島でM7.8 津波警報は解除 その後も地震相次ぐ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加